池に向かってネコを放り投げる動画を投稿 18歳男、動物虐待容疑で逮捕(米)

2月15日(木)17時16分 Techinsight

大きな池の遠くにネコを放り投げた男(画像は『SFGate 2018年2月6日付「Patterson PD: Suspect arrested after video shows man throwing cat into water」(Photo: Stanislaus County Sheriff’s Department)』のスクリーンショット)

写真を拡大

米カリフォルニア州から飛び出した非常に忌々しい動物虐待の映像。若い男が表情ひとつ変えることなく生きたネコを大きな池に放り投げ込む、そんな動画がFacebookに投稿されて警察への通報が相次いだ。その男がついに逮捕されたことを『SFGate』などが報じている。

動物虐待の行為があったのは、サンフランシスコやサンノゼの東に位置するスタニスラウス郡のパターソンという町で数か月前のこと。男は大きな池の前に立ち、これから自分の身に何が起きるのか知る由もない無垢なネコの体を掴み、思い切り遠くに放り込む様子を録画してFacebookに投稿した。これにより郡保安官事務所やパターソン警察(Patterson Police Services)には通報が相次いだ。

パターソン警察はこの男の動物虐待癖などを知る者からの情報も入り、今月2日には事件の容疑者としてギャラット・ヘイルという18歳の男の身柄を拘束。動物残虐事件として正式に起訴し、スタニスラウス郡拘置所に身柄を送った。同警察のジェフ・ダークス署長は「ヘイルに続き撮影者も逮捕されました。良識ある人々による電話での通報やSNSでの情報提供のおかげです」と感謝の気持ちを述べている。当時彼らと一緒に行動していた複数の人物についても調査中だが、ネコが救出されたのか否かについての情報は得られていないという。

なお、問題の動画が投稿されたのは地元の仲間と共に作ったFacebookのアカウントであった。SNSに問題や事件性のある動画を投稿して悦に入っている若者がいるが、仲間のすべてがそうした残虐な行為を面白がって見ているわけではない。非道、あるいは幼稚な振る舞いは人々を多々不愉快、不快にさせていることをしっかりと理解するべきである。

画像は『SFGate 2018年2月6日付「Patterson PD: Suspect arrested after video shows man throwing cat into water」(Photo: Stanislaus County Sheriff’s Department)』のスクリーンショット

Techinsight

「動物虐待」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「動物虐待」のニュース

BIGLOBE
トップへ