BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト
国際

絶滅危惧のセンザンコウ、中国で食べる人続出=政府が対策強化へ—中国メディア

Record China2月16日(木)21時50分
画像:15日、中国の国家林業局は公式SNSアカウントで、絶滅危惧種のセンザンコウが食べられる問題が頻発していることについて発言した。写真はセンザンコウ。
写真を拡大
15日、中国の国家林業局は公式SNSアカウントで、絶滅危惧種のセンザンコウが食べられる問題が頻発していることについて発言した。写真はセンザンコウ。
2017年2月15日、中国の国家林業局は公式SNSアカウントで、絶滅危惧種のセンザンコウが食べられる問題が頻発していることについて発言した。

センザンコウは絶滅危惧種で中国の1級保護動物に指定されているが、中国では珍味として食べる人が後を絶たず近年では密猟が問題となっている。今月初めには、2015年に政府の役人が国内の視察先でセンザンコウを食べていたことがネットで広まり、その後別の罪で逮捕されたいたことが判明。さらに、数年前からセンザンコウを含む野生動物を食べたという一般女性のSNSも転載され、女性は身柄を拘束された。問題続発に関して専門家は「センザンコウは山林をシロアリから守ってくれるが、違法売買や食用問題は尽きない。高額な珍味を食べひけらかすことが一種のブームになっている」と指摘している。

国家林業局はこれに対し、「センザンコウを食べた問題や違法売買は高い注目を集めており、中国の野生動物保護につながると信じている。関連の法律を多くの人に伝え厳しく取り締まることで、再発を防止する。センザンコウと美しい山林を後世に残したい」と述べた。中国ではこれまで保護指定された野生動物を食べることは取り締まりの対象ではなかったが、今年1月より、食べることや売買が処罰の対象となった。(翻訳・編集/内山)
Copyright 2017 Record China. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「絶滅危惧のセンザンコウ、中国で食べる人続出=政府が対策強化へ―中国メディア」の関連ニュース

注目ニュース
金正男殺害を中国はどう受け止めたか——中国政府関係者を直撃取材 ニューズウィーク日本版2月20日(月)7時36分
習近平政権誕生以来、中朝関係が冷え切っている中、中国はなぜ金正男氏を保護してきたのか、殺害は今後の中朝関係に影響するかなど、日本人が抱く疑…[ 記事全文 ]
テロ行為に「応分の対価」正男氏殺害で韓国首相 読売新聞2月20日(月)12時21分
【ソウル=宮崎健雄】韓国大統領代行の黄教安(ファンギョアン)首相は20日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏(45)の殺害事件について「テロ行為に応分の対価を支払わせるよう、国際社会との協力を模索してほしい」と述べた。[ 記事全文 ]
「日本人はどうしてこんなことができるの?」=新婚旅行で日本を訪れた中国人女性が驚き! Record China2月17日(金)8時20分
2017年2月13日、中国のポータルサイト・今日頭条に、新婚旅行で日本に訪れた女性がつづった文章が掲載された。[ 記事全文 ]
インドネシア高速鉄道は困難に直面、日本が「嘲笑の機会をうかがっている」=中国 サーチナ2月18日(土)8時12分
インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画はもともと日本の受注が確実視されていた。だが、ふたを開けてみるとインドネシア政府の債務保証を求めないな…[ 記事全文 ]
酒を飲んだ日本人の話から見えた、台湾人の「日本びいき」に対する日本人の態度=中国メディア サーチナ2月20日(月)11時42分
台湾では民進党の蔡英文政権により、中国大陸の共産党と距離を取る政策が取られている。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア