BIGLOBEトップBIGLOBEニュース
国際

絶滅危惧のセンザンコウ、中国で食べる人続出=政府が対策強化へ—中国メディア

Record China2月16日(木)21時50分
画像:15日、中国の国家林業局は公式SNSアカウントで、絶滅危惧種のセンザンコウが食べられる問題が頻発していることについて発言した。写真はセンザンコウ。
写真を拡大
15日、中国の国家林業局は公式SNSアカウントで、絶滅危惧種のセンザンコウが食べられる問題が頻発していることについて発言した。写真はセンザンコウ。
2017年2月15日、中国の国家林業局は公式SNSアカウントで、絶滅危惧種のセンザンコウが食べられる問題が頻発していることについて発言した。

センザンコウは絶滅危惧種で中国の1級保護動物に指定されているが、中国では珍味として食べる人が後を絶たず近年では密猟が問題となっている。今月初めには、2015年に政府の役人が国内の視察先でセンザンコウを食べていたことがネットで広まり、その後別の罪で逮捕されたいたことが判明。さらに、数年前からセンザンコウを含む野生動物を食べたという一般女性のSNSも転載され、女性は身柄を拘束された。問題続発に関して専門家は「センザンコウは山林をシロアリから守ってくれるが、違法売買や食用問題は尽きない。高額な珍味を食べひけらかすことが一種のブームになっている」と指摘している。

国家林業局はこれに対し、「センザンコウを食べた問題や違法売買は高い注目を集めており、中国の野生動物保護につながると信じている。関連の法律を多くの人に伝え厳しく取り締まることで、再発を防止する。センザンコウと美しい山林を後世に残したい」と述べた。中国ではこれまで保護指定された野生動物を食べることは取り締まりの対象ではなかったが、今年1月より、食べることや売買が処罰の対象となった。(翻訳・編集/内山)
Copyright 2017 Record China. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「絶滅危惧のセンザンコウ、中国で食べる人続出=政府が対策強化へ―中国メディア」の関連ニュース

注目ニュース
朴前大統領を逮捕=サムスンからの収賄容疑など・韓国検察—地裁「証拠隠滅の恐れ」 時事通信3月31日(金)8時42分
【ソウル時事】韓国の検察特別捜査本部は31日未明、朴槿恵前大統領(65)を最大の財閥サムスングループからの巨額の収賄などの容疑で逮捕した。[ 記事全文 ]
大蛇、成人男性のみ込む=体内から遺体—インドネシア 時事通信3月30日(木)5時1分
【ジャカルタ時事】インドネシア中部スラウェシ島の村で、全長7メートルのニシキヘビの腹の中から成人男性の遺体が見つかった。[ 記事全文 ]
「私が買ったカップ麺を見て…」、日本のバス運転手の優しさに感激—訪日中国人 Record China3月31日(金)8時20分
昨年に引き続き、中国人の日本旅行熱は冷めていない。日本政府観光局(JNTO)によると、2月の訪日中国人は前年比7.6%増の203万6000…[ 記事全文 ]
DV被害で命を失いかけた女性、助けてくれた救急救命士と結婚(米) Techinsight3月30日(木)6時30分
パートナーからのDV(ドメスティックバイオレンス)に耐え続けていることをなかなか口にできない人は少なくない。[ 記事全文 ]
拘置所行きかもしれない朴槿恵氏が残した“最後”のメッセージに、韓国ネットから批判「恐るべきメンタル」「なぜここまで自分勝手になれる?」 Record China3月30日(木)20時30分
2017年3月30日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対し検察が請求した逮捕状の発付の可否を決定する審査がソウル中央地裁で始まった。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア