深刻なマスク不足で…、男性アイドルが「マスク詐欺」で逮捕、被害総額440万円—中国

2月16日(日)19時0分 Record China

新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がり、深刻なマスク不足が続く中、アイドル候補生として人気を博していた男性タレントが「マスク詐欺」で公安局に逮捕されたことが明らかになり、ネット上を沸かせている。

写真を拡大

新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がり、深刻なマスク不足が続く中、アイドル候補生として人気を博していた男性タレントが「マスク詐欺」で公安局に逮捕されたことが明らかになり、ネット上を沸かせている。

逮捕されていたのが分かったのは、アイドル育成番組「以団之名」に出演し、人気を博していた22歳のタレント黄智博(ホアン・チーボー)。上海市公安局によると、市内に住む女性の通報によって捜査を進め、広東省の自宅にいるところを今月5日に逮捕した。深刻なマスク不足が続く中、販売業者を装ってSNSを通じて交渉を行い、これまでに複数の被害者を相手に28万元(約440万円)を荒稼ぎしていたという。

黄智博が所属する大手芸能事務所の楽華娯楽公司は13日、解雇を発表した。人気番組に出演して顔を知られていたタレントだけに、その逮捕はネット上でも大きな話題になっている。感染の拡大によって番組収録が中断され、自宅で待機中の逮捕となった黄智博だが、待機期間中には医療関係者へのエールや、肺炎関連のニュースをSNSで盛んに発信しており、その陰で行われていた詐欺行為に、ネット上では怒りの声も大きくなっている。

自宅で逮捕された時の様子や、公安局での取り調べの様子を撮った動画が公開されているが、この騒ぎは韓国にも飛び火してネット上で話題になっている。動画での非常に生々しいやり取りを見たネットユーザーから、「ドッキリ番組かと思った」「隠しカメラでの撮影だと思った」といった驚きの声が上がっている。(Mathilda)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ