BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト
国際

中国経済は崩壊すると言われて早十数年、「崩壊論はもはやデマ」=中国報道

サーチナ2月16日(木)22時12分
画像:これまで幾度となく「中国経済は間もなく崩壊する」と言われてきた。いつ崩壊してもおなしくないとされつつも、崩壊どころか高い成長率を維持し続けている。中国メディアの今日頭条は14日、この中国経済崩壊論を批判する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
写真を拡大
これまで幾度となく「中国経済は間もなく崩壊する」と言われてきた。いつ崩壊してもおなしくないとされつつも、崩壊どころか高い成長率を維持し続けている。中国メディアの今日頭条は14日、この中国経済崩壊論を批判する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
 これまで幾度となく「中国経済は間もなく崩壊する」と言われてきた。いつ崩壊してもおなしくないとされつつも、崩壊どころか高い成長率を維持し続けている。中国メディアの今日頭条は14日、この中国経済崩壊論を批判する記事を掲載した。

 記事は、香港の空港でさえ中国経済崩壊論を主張する本が販売されていると不愉快そうに紹介し、同書籍の初版は2001年だが、16年が経過した今でも崩壊していないと指摘し、今では多くの海外メディアが「中国経済崩壊論は大げさな報道だった」と認めていると主張した。

 続けて、欧州経済は成長が非常に緩やかで「泥沼」にはまっている状況だと指摘したほか、米国経済は成長率の最低ラインをなんとか維持できている状況であるとし、それに比べて今なお成長を続ける中国経済は世界的に見ても「非凡な成功例」であると胸を張った。

 では、なぜ中国経済崩壊論は存在するのだろうか。記事は、中国経済を批判したり、もう崩壊間近と主張することで「世間の注目を集めて利益と名声を得ようとしたのだ」と主張。そのうえで、一部の専門家は、かつて「1980年代までにソ連が経済上で米国を超えると言い、80年代に日本経済が成長し続けて世界のトップになると予測した」と伝える一方で、こうした予測はいずれも外れたと指摘し、こうした意見や予測は当てにならないと主張した。

 同様に、過去に中国株が急落した際も、中国経済崩壊論に拍車がかかり、中国や新興市場に不安が広がったものの、結局は崩壊しなかったとし、中国経済崩壊論は、ただのデマであるとの見方を示した。

 記事は結びに、変わりゆく複雑な中国経済を予測するのは「恐れ多いことである」とくぎを刺し、どんなに少なく見積もっても、米国の2倍はある中国のGDP成長率は世界の羨望の的であり、中国経済崩壊論には何の根拠もないと中国経済に対する強い自信を見せた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
Copyright (C) Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「中国経済は崩壊すると言われて早十数年、「崩壊論はもはやデマ」=中国報道」の関連ニュース

注目ニュース
街頭の監視カメラが消えたりついたり、原因はなんと…おばさんが電源を充電に使っていた!—中国 Record China2月27日(月)17時0分
2017年2月27日、揚子晩報によると、江蘇省徐州市の市街地で近ごろ、路地に設置されていた監視カメラが突然停止してはしばらくして復帰する「…[ 記事全文 ]
整形51回 “リアル・ケン”が「最も多くの美容整形を受けた男性」でギネス認定か!? Techinsight2月27日(月)12時50分
2月末、バービー人形の恋人である“ケン”を目指して美容整形に命を懸けるロドリゴ・アルベスさん(33)が51回目の手術を終えた。[ 記事全文 ]
元慰安婦のために全額使うはずでは?日本政府が拠出した10億円の使い道が物議=「韓国政府は誰のために存在?」「日本に返そう」—韓国ネット Record China2月27日(月)11時40分
2017年2月27日、韓国・国民日報によると、昨年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意に基づき設立された韓国の「和解・癒やし財団」に日本政府が拠…[ 記事全文 ]
トランプ氏、軍事費拡大を表明 6兆円増額と当局者 共同通信 47NEWS2月28日(火)1時35分
【ワシントン共同】トランプ米大統領は27日、2018会計年度(17年10月〜18年9月)の予算で軍事費や治安対策費を拡大する考えを表明した。[ 記事全文 ]
殺害されたのは金正男氏じゃない?日本のネット上で疑惑浮上=中国ネットでは「こんな議論に意味はない」の声も Record China2月25日(土)22時40分
2017年2月25日、中国メディアの地球日報が、日本のネット上で、殺害されたのは金正男ではなかったのではないとの疑惑が出ていると伝えた。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 元慰安婦のために全額使うはずでは?日本政府が拠出した10億円の使い道が物議=「韓国政府は誰のために存在?」「日本に返そう」—韓国ネットRecord China2月27日(月)11時40分
2 金正恩氏が劣等感を抱く正男氏の息子・ハンソル氏の出自NEWSポストセブン2月27日(月)7時0分
3 トランプ米大統領指名の海軍長官辞退 共同通信 47NEWS2月27日(月)9時54分
4 野犬に噛まれ死亡したと思われた少年、葬儀の途中で息を吹き返す(印)Techinsight2月26日(日)22時0分
5 正男氏にボディーガード?付き添っていた読売新聞2月27日(月)7時43分
6 入れ墨の有無「よく分からない」=正男氏事件でマレーシア保健相時事通信2月27日(月)10時31分
7 日本人が明かした「日本でのNG行動」に韓国ネットの反応さまざま=「これくらい大目に見ようよ」「韓国でも嫌がられる」Record China2月27日(月)10時30分
8 最も「反中」なのはどの国のメディアか、ビッグデータ分析結果が中国で話題にRecord China2月26日(日)10時50分
9 街頭の監視カメラが消えたりついたり、原因はなんと…おばさんが電源を充電に使っていた!—中国Record China2月27日(月)17時0分
10 ビル・パクストン氏死去時事通信2月27日(月)8時44分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア