BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト
国際

沈没から75年で慰霊碑=旧日本軍の潜水艦—豪北部

時事通信2月17日(金)19時37分
 【ダーウィン(豪北部)時事】第2次世界大戦中、オーストラリア北部ダーウィン市沖で沈んだ旧日本軍潜水艦の乗員を追悼する慰霊碑が建てられることになり、市内の北部準州庁舎で17日、銘板の除幕式が開催された。
 潜水艦「伊124」は1942年1月20日、連合軍の要衝ダーウィンを攻撃中、乗員80人を乗せたまま撃沈された。今も海底に沈んだままで、乗員には北海道や宮城、茨城、長野、静岡各県の出身者が多かった。
 慰霊碑は、沈没から今年で75年を迎えたのに合わせ、交流団体の北部準州豪日協会が計画。歴史を後世に伝え、「両国の友好を深めるきっかけになれば」との願いを込めた。慰霊碑は来週、海岸の丘に建立される。 

[時事通信社]

はてなブックマークに保存

時事通信

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「沈没から75年で慰霊碑=旧日本軍の潜水艦―豪北部」の関連ニュース

注目ニュース
うつ病患者は推計3億2200万人、WHO発表 TBS2月24日(金)10時29分
WHO=世界保健機関は23日、世界でうつ病に苦しむ人が2015年に推計で3億2200万人に増加したと発表し、早急な対策が必要だと警告しまし…[ 記事全文 ]
正男氏遺体からVX、猛毒神経剤を犯行に使用 読売新聞2月24日(金)13時42分
【クアラルンプール=田尾茂樹、児玉浩太郎】北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)殺害事件で、マレーシア警察は24日、猛毒の神経剤である「VX」が犯行に使用されていたとする暫定分析結果を発表した。化学兵器に使われる毒物が検出されたことで、北朝鮮の関与が極めて濃厚となった。[ 記事全文 ]
ベトナムの「いたずら動画」 時事通信2月23日(木)16時54分
金正男氏殺害事件のドアン・ティ・フォン容疑者に似た女性(右)が登場する「いたずら動画」(動画投稿サイト「ユーチューブ」より) [ 記事全文 ]
日本メーカーの心配りも知らず、反日感情に任せて日本車を罵倒する中国人=中国メディア サーチナ2月24日(金)13時12分
中国人の日本に対する感情は、まさに「愛憎相半ばする」といったところだろう。日本製品の品質の高さ、モラルの高さを賞賛する声がある一方で、日本…[ 記事全文 ]
日本文化の多くは中国起源だ! 「武士道だってわが国が起源」=中国 サーチナ2月24日(金)14時12分
日本ははるか昔から古代中国に学んできたため、日本の文化のなかには中国発祥のものが少なくない。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 正男氏遺体からVX、猛毒神経剤を犯行に使用読売新聞2月24日(金)13時42分
2 金正男氏と電話をしただけで?北朝鮮秘密警察のトップがクビ、幹部ら数人は処刑=「北朝鮮は地獄だ」「これが正男氏暗殺の理由」—韓国ネットRecord China2月22日(水)12時30分
3 韓国政府、初めて少女像の移転働きかけ…地元に読売新聞2月23日(木)13時59分
4 韓国も日本に続きプレミアムフライデー導入へ=韓国ネットは否定的「4時退勤って、朝の4時?」「日本のまねをしただけで実現性ゼロ」Record China2月23日(木)21時0分
5 年間560万円の生活保護を受給するシングルマザー、13人目を妊娠中(英)Techinsight2月22日(水)13時8分
6 フィリピン、中国は挑発的と批判 南シナ海ミサイル施設建造報道で共同通信 47NEWS2月23日(木)20時41分
7 ベトナムの「いたずら動画」時事通信2月23日(木)16時54分
8 「財政はめちゃくちゃ」=巨額債務に不満—トランプ米大統領時事通信2月23日(木)12時20分
9 大使追放、断交も検討か=北朝鮮に反発—マレーシア時事通信2月23日(木)21時57分
10 「日本人はどうしてこんなことができるの?」=新婚旅行で日本を訪れた中国人女性が驚き!Record China2月17日(金)8時20分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア