BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト
国際

マティスはNATOへの最後通牒から引き返せるのか

ニューズウィーク日本版2月17日(金)18時28分
<年末までにGDPの2%まで防衛負担を引き上げよ、さもなくばアメリカはNATOへの関与を弱めることになる──対ロシア防衛をNATOに頼ってきたヨーロッパに生きるか死ぬかの選択を迫ったトランプ政権は、この落とし前をどうつけるのか>

ジェームズ・マティスは、米国防長官として初めて参加したNATO(北大西洋条約機構)国防相理事会できっちり仕事をしてみせた。1日目には相手を安心させるような公式声明を出しながら、非公開の場でアメリカのNATOに対する「関与を弱める」可能性について警告するなど、揺さぶることも忘れなかった。年末までの防衛費支出の負担拡大を加盟国に求め、これに応じない場合はアメリカはNATOへの「関与を弱める」と警告した。

公式声明はなかなかの出来だった──実際、冷静にして実務的、また率直で、NATOの意義を理解するために欠かせない歴史的出来事にも言及している。マティスが、NATOに対する知識と親近感を持っているという安心感を持たせるには十分だろう。

ではこの「関与を弱める」という発言に隠された意図は何か。前後の文脈を通せば微妙だが、かなり明確な最後通牒だった。前任者のロバート・ゲーツは2013年にブリュッセルで行った有名なスピーチで、同盟国のさらなる貢献がなければ、NATOの未来は暗く憂鬱なものになると言った。

マティスはそこから一歩踏み込んでいる。要するにマティスが告げたのは、ゲーツが警鐘を鳴らした政治的に容認できない事態が、ここにきてドナルド・トランプという形をとってワシントンに降臨したということだ。

【参考記事】トランプとロシアの接近に危機感、西側同盟国がアメリカをスパイし始めた

ルビコン川を渡った

トランプ米大統領は、加盟国の防衛費をGDP(国内総生産)比2%にするよう求めている。達成しているのは加盟28カ国中でアメリカを含む5カ国だけだ。「応分の負担をせよ」と、マティスは言ったわけだ。もし年末までに達成できなかったらどうなるのか?

【参考記事】ウクライナ危機で問われるNATOの意味

こうした越えてはならない一線(少なくとも越えないほうがいい一線)を設定すると、後に引くのは難しくなる。一部の加盟国ではGDP比2%の軍事費を達成できる見込みはゼロで、大きな伸びを期待できる国などあったとしてもごくわずかだ。その場合はどうなるか。アメリカは関与を弱めるのか。それはいったい何を意味するのか。1年以内に直面するその時から、うまく逃れることは許されないだろう。逃げれば、最低でも張り子の虎と評されることになる。

【参考記事】「ロシアが禁止ミサイル配備」にも無抵抗、トランプ政権の体たらく

「関与」を弱めるのではなく「参加」を弱めるのだとマティスが言明していれば、まだ柔軟に対応できる余地はあった。NATOへの関与を弱めることは、加盟国に対する攻撃は全加盟国への攻撃とみなすというNATO条約第5条の集団防衛の弱体化につながる。トランプはともかく、マティスの意図するところではあるまい。アメリカの「参加」を弱めるのなら、アメリカの拠出分を減らすなど、第5条に影響しない別の道が開けたはずだ。



「公平な負担」の定義には、調整の余地があるかもしれない。時として重要なのは拠出する額ではなく、何に出すか、どれだけ進んでカネを出すかだ。いずれにせよ、私たちはルビコン川を渡った──NATOに対するアメリカの関与が争点になってしまったのだ。

マティスの警告は、同盟国に多くの自問を迫ることになる。脅されたと感じれば、マイナスの反応が出てくるかもしれない。脅してしつけるのは5歳児には通用するかもしれないが、主権国家の場合はそうもいかない。

大半の同盟国がすぐには2%目標に届かないと判明した場合、トランプ政権が有言実行を迫られるのは明白だ。同盟国が期待に応じなかった場合はどうするのか、その落とし所をきちんと考えている人間がトランプ政権にはいるのだろうか。

From Foreign Policy Magazine

ジム・タウンゼンド

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「マティスはNATOへの最後通牒から引き返せるのか」の関連ニュース

注目ニュース
オスカー作品賞「誤」発表の大トラブル、その時何が起こったか ニューズウィーク日本版2月28日(火)15時40分
<アカデミー賞授賞式で、作品賞受賞作が一旦『ラ・ラ・ランド』と発表されてから『ムーンライト』に訂正される前代未聞の事態が発生。[ 記事全文 ]
朴大統領は「収賄容疑者」 サムスントップを起訴へ 共同通信 47NEWS2月28日(火)15時4分
【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領を巡る疑惑を調べる特別検察官の捜査チームは28日、朴氏を、親友の崔順実被告と共謀しサムスングループから多額…[ 記事全文 ]
もう相手にするな 慰安婦問題は永遠に解決しない JBpress2月28日(火)6時14分
韓国・釜山の日本領事館前に設置された慰安婦を象徴する少女像(2017年1月2日撮影)。[ 記事全文 ]
済州島で2割減・・・韓国からどんどん日本へ流れる中国人観光客=中国メディア サーチナ2月28日(火)15時12分
中国メディア・第一財経は26日、今年の春節期間に韓国を訪れた中国人観光客が昨年までに比べて大きく減少し、免税店が苦境に立たされていると報じ…[ 記事全文 ]
日本にも設置されたのに!韓国団体が強制徴用労働者像を拒否した政府を批判=韓国ネット「韓国が間違った方向に」「つらい歴史は忘れて未来に進もう」 Record China2月28日(火)16時10分
2017年2月28日、韓国・聯合ニュースによると、日本の朝鮮半島統治からの独立運動記念日「三一節」を翌日に控えた韓国で、労働組合の2大全国…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 街頭の監視カメラが消えたりついたり、原因はなんと…おばさんが電源を充電に使っていた!—中国Record China2月27日(月)17時0分
2 入れ墨の有無「よく分からない」=正男氏事件でマレーシア保健相時事通信2月27日(月)10時31分
3 元慰安婦のために全額使うはずでは?日本政府が拠出した10億円の使い道が物議=「韓国政府は誰のために存在?」「日本に返そう」—韓国ネットRecord China2月27日(月)11時40分
4 米国で深刻な病が蔓延中、特効薬なく症状は4年もJBpress2月28日(火)6時12分
5 日本人が明かした「日本でのNG行動」に韓国ネットの反応さまざま=「これくらい大目に見ようよ」「韓国でも嫌がられる」Record China2月27日(月)10時30分
6 金ハンソル氏 米・中・韓の対北カードで最大の切り札に浮上NEWSポストセブン2月28日(火)7時0分
7 乳児が母の乳がんを察知 母乳を突然飲むのをやめた息子に命を救われた母(英)Techinsight2月28日(火)8時1分
8 もう相手にするな 慰安婦問題は永遠に解決しないJBpress2月28日(火)6時14分
9 整形51回 “リアル・ケン”が「最も多くの美容整形を受けた男性」でギネス認定か!?Techinsight2月27日(月)12時50分
10 朴大統領は「収賄容疑者」 サムスントップを起訴へ共同通信 47NEWS2月28日(火)15時4分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア