トップ逮捕のサムスン、世界で尊敬される企業ランキングから脱落=韓国ネット「尊敬を金で買っていたから」「悪徳企業ランキングなら…」

2月17日(金)20時0分 Record China

17日、韓国メディアによると、米誌フォーチュンが16日(現地時間)に発表した「世界で最も尊敬される企業トップ50」から韓国のサムスン電子が脱落したことが分かった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はサムスンのロゴ。

写真を拡大

2017年2月17日、韓国・中央日報によると、米誌フォーチュンが16日(現地時間)に発表した「世界で最も尊敬される企業トップ50」から韓国のサムスン電子が脱落したことが分かった。

昨年の同ランキングでサムスンは35位を記録していた。09年に初めてトップ50入りしたサムスンがその後、ランキングから脱落したのは今年が初めて。

フォーチュンとグローバルコンサルティング会社のヘイグループは毎年、数千社の米国企業と世界の500大企業のデータベースを基に、売上と評判で680社に絞った後、3800人の企業役員、証券アナリストと協議をしてランキングの順位を決定する。評価は革新、人材管理、企業資産の活用、社会的責任、品質経営、財務の健全性、長期投資、製品・サービスの質、グローバル競争力の9つの基準で行われた。

サムスンが今年のランキングから脱落した理由について、フォーチュンは「Galaxy Note7の発火・爆発問題」を挙げ、「サムスンは売上と名声に直撃弾を食らった」と説明した。IT専門メディアCNETは「バッテリーの欠陥による爆発事故や飛行機への持ち込み禁止がコメディーショーのネタになるなど、サムスンのブランドイメージが打撃を受けた」と伝えた。

今年の同ランキングの1位は10年連続で米国のアップルが獲得した。2位はアマゾン、3位はスターバックスとなった。今年の同ランキングに韓国企業は1社も名前を連ねることができなかった。

サムスンは韓国・朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)被告をめぐる国政介入事件で、事実上のトップである李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が逮捕されたばかり。そのため、この報道に対する韓国のネットユーザーの反応は冷たく、「今後は韓国国民に尊敬される企業に生まれ変わってほしい」「脱落おめでとう。サムスン製品の不買運動をしよう」「尊敬だなんて!まずは批判されない企業を目指して」「脱落ではなく、今までトップ50に入っていたということがニュース!」「朴大統領が韓国を滅ぼした」「尊敬を金で買っていたサムスン。罰が当たったね」「李在鎔が逮捕されていなかったら、サムスンはこのままつぶれていた」「サムスンは悪徳企業ランキングなら10位以内には入る」などのコメントが寄せられ、多くの共感を得た。(翻訳・編集/堂本)

Record China

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ランキングをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ