BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト
国際

北京警察がアプリ開発、携帯から告発可能に—北米華字メディア

Record China2月17日(金)7時50分
画像:北京市警察の開発したアプリ「朝陽群衆HD」がリリースされた。今後はこのアプリを通じて、携帯端末からも告発が可能となる。
写真を拡大
北京市警察の開発したアプリ「朝陽群衆HD」がリリースされた。今後はこのアプリを通じて、携帯端末からも告発が可能となる。
2017年2月14日、米華字メディア・多維新聞によると、北京市警察の開発したアプリ「朝陽群衆HD」がリリースされた。

朝陽群衆HDは北京市公安局朝陽分局が住民向けに発表したもの。「群衆」とは中国語で一般市民を指す。朝陽区民がたびたびネット上で違法薬物や売買春などを告発し話題になったことから、「朝陽群衆」と呼ばれるようになった。今後は新たに開発されたアプリを通じて、携帯端末からも告発が可能となる。

朝陽区は市中心東部に位置し、中心業務地区(CBD)や各国の大使館、繁華街、高級住宅街などの立ち並ぶ市轄区。人気タレントも多く住む地区で、麻薬や売春など違法行為の告発対象になることも少なくない。

昨今は、朝陽区民の告発が相次いだことから、「朝陽群衆」を米国のCIAや旧ソ連のKGB、イスラエルのモサド、英国のMI5に並ぶ「世界第5の情報機関」だと冗談まじりに指摘する声もある。

1970年代には、朝陽区の一般市民が民兵となって警察当局と連携し、ソ連のスパイを取り押さえるという事件も起き、中国の公式メディア・新華社がその一部始終を報じたこともあったという。(翻訳・編集/岡田)
Copyright 2017 Record China. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「北京警察がアプリ開発、携帯から告発可能に―北米華字メディア」の関連ニュース

注目ニュース
金正男殺害を中国はどう受け止めたか——中国政府関係者を直撃取材 ニューズウィーク日本版2月20日(月)7時36分
習近平政権誕生以来、中朝関係が冷え切っている中、中国はなぜ金正男氏を保護してきたのか、殺害は今後の中朝関係に影響するかなど、日本人が抱く疑…[ 記事全文 ]
正男氏の息子ハンソル氏、暗殺警戒し留学断念=中国警告、厳戒のマカオへ戻る—英紙 時事通信2月20日(月)8時30分
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏暗殺に絡み、英紙メール・オン・サンデー(電子版)は19日、正男氏の息子ハンソル氏(21)が…[ 記事全文 ]
「日本人はどうしてこんなことができるの?」=新婚旅行で日本を訪れた中国人女性が驚き! Record China2月17日(金)8時20分
2017年2月13日、中国のポータルサイト・今日頭条に、新婚旅行で日本に訪れた女性がつづった文章が掲載された。[ 記事全文 ]
インドネシア高速鉄道は困難に直面、日本が「嘲笑の機会をうかがっている」=中国 サーチナ2月18日(土)8時12分
インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画はもともと日本の受注が確実視されていた。だが、ふたを開けてみるとインドネシア政府の債務保証を求めないな…[ 記事全文 ]
そういうことか・・・日本の電子エンジニアと一緒に仕事をして感じた、日本と中国との差=中国メディア サーチナ2月20日(月)9時42分
中国メディア・今日頭条は18日、「日本の電子エンジニアと交流する中で感じた差」として、日本人エンジニアの仕事に対する真剣さを紹介し、製造業…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア