「1つの中国」を堅持=中国外交部、台湾問題でインドに厳正な申し入れ

2月17日(金)13時10分 Record China

15日、中国外交部の耿爽報道官は定例記者会見で、中国側は台湾に関連する問題においてインドに対し、厳正な申し入れを行ったことを明らかにした。

写真を拡大

2017年2月15日、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は定例記者会見で、中国側は台湾に関連する問題においてインドに対し、厳正な申し入れを行ったことを明らかにした。そしてインドには「1つの中国」の原則を堅持し、同問題に対して慎重に対応することを希望するとした。

報道によると、台湾の「立法委員」3人がインドを訪問し、インドに対し、「インドにおける台湾駐在機関の昇格」について言及したとしている。

耿報道官はこの件に関し、「中国と国交関係にある国が台湾といかなる形式においても政府間の接触や往来をすることに常に反対の立場を示してきた。またいかなる政府的な機関の設置にしても同様だ。この立場は明確で、一貫している」と述べた。

さらに、「インドとは台湾に関連する問題において取り決めがある。インドが中国の核心的な懸念に対し尊重と理解を示し、『1つの中国』の原則を堅持し、本件に関して慎重に対応することと、中印関係の健康的で安定な発展を維持することを希望する」とした。(提供/人民網日本語版・編集/TG)

Record China

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中国をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ