BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト
国際

韓国サムスン、「まさか」の事実上トップの逮捕にパニック状態=「天が崩れるとはこのこと」と語る関係者も

Record China2月17日(金)11時10分
画像:17日、韓国サムスングループの事実上のトップ、サムスン電子副会長の李在鎔容疑者が、朴槿大統領の親友・崔順実被告などをめぐる事件に絡みついに逮捕された。写真は事態を報じるニュース。
写真を拡大
17日、韓国サムスングループの事実上のトップ、サムスン電子副会長の李在鎔容疑者が、朴槿大統領の親友・崔順実被告などをめぐる事件に絡みついに逮捕された。写真は事態を報じるニュース。
2017年2月17日、韓国サムスングループの事実上のトップ、サムスン電子副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)容疑者が、朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友・崔順実(チェ・スンシル)被告などをめぐる事件に絡みついに逮捕された。韓国最大の財閥トップの逮捕は韓国はもちろん日本でもトップニュースとして報じられているが、総帥逮捕という創業以来79年の歴史で初の事態に揺れる「サムスンマン」たちの姿を、韓国の各メディアが伝えた。

聯合ニュースが追ったのは、ソウル拘置所前で裁判所による逮捕状発付の決定を聞いたサムスン関係者らの姿だ。関係者10人余りは、前日の16日午後8時ごろにソウル中央地裁での令状発付の審査を終え拘置所に移された李副会長の「釈放」を出迎えるため拘置所前で夜通し待ったが、結局、待ちわびた請求棄却の吉報は届かず、容疑者となった李副会長と会うことはかなわなかった。沈痛な面持ちでうなだれ、小声で言葉を交わしていた彼らに記者が心境を尋ねたが、皆頭を横に振るだけで何も答えなかったという。

ニュース1もやはり「ショックに見舞われ、空を見上げため息をつくばかり」と拘置所前の関係者の様子を伝え、「サムスン『衝撃』に何も言えず」との見出しを打った。それでもある関係者は「1度目の逮捕状請求の時と容疑が大きく変わらないのに、(1度目は棄却された)逮捕状が発付され面食らっている。今後の裁判で容疑を晴らすためベストを尽くす」と前向きな発言をしたが、また別の関係者は「天が崩れるというのは恐らくこういう感じを言うのだろう。どうしたらいいのか分からない」と話したという。

またニューシスは、事実上のトップ逮捕という「まさかの事態」が現実になり、サムスンはパニック状態に陥ったと伝えた。匿名を求めた関係者の一人は「崔順実事件で国全体が騒がしかったが、正直なところ、財界を代表するサムスンの総帥が逮捕されるとは思ってもみなかった。まさかと思っていたことが実際に起こり、周囲からは心配の声が上がっている」と明かしたという。また同報道によれば、グループの役員らは、李副会長の立場が今後どのようになるのか、またグループ全体の経営をどう進められるのかなどについて、慌ただしく議論を始めているそうだ。

サムスン1社の混乱が韓国の経済全体に大きな悪影響を及ぼすとの懸念は財界などからも上がっているが、この問題が他企業に波及する恐れを指摘する声もある。ある財界関係者はニューシスの取材に対し「懸念していたことが実際に起こった。これからはサムスンだけでなく、崔順実事件に関わった他の企業も最悪の局面を逃れられない状況になった。これらの企業のリスク懸念による投資の委縮や経営のつまずきは避けられないとみられる」と述べた。(翻訳・編集/吉金)
Copyright 2017 Record China. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「韓国サムスン、「まさか」の事実上トップの逮捕にパニック状態=「天が崩れるとはこのこと」と語る関係者も」の関連ニュース

注目ニュース
マレーシアと共同捜査提案=警察非難、「金正男氏」認めず—召還に反発・北朝鮮大使 時事通信2月20日(月)19時30分
【クアラルンプール時事】北朝鮮の康哲駐マレーシア大使は20日午後、大使館前で記者会見を開き、金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏の殺害…[ 記事全文 ]
日焼け? 錆? 池で見つかったオレンジ色のワニに憶測飛び交う(米) Techinsight2月20日(月)12時50分
アメリカで全身オレンジ色のワニが見つかった。突然変異により真っ白な動物は多々見受けられるが、今回はオレンジ色とあって「錆が付いたのでは?」…[ 記事全文 ]
マレーシアが駐北朝鮮大使召還…正男氏殺害巡り 読売新聞2月20日(月)13時26分
【クアラルンプール=児玉浩太郎】マレーシア外務省は20日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏(45)の殺害事件に絡み、北朝鮮に駐在するマレーシア大使を本国に召還すると発表した。[ 記事全文 ]
「日本人はどうしてこんなことができるの?」=新婚旅行で日本を訪れた中国人女性が驚き! Record China2月17日(金)8時20分
2017年2月13日、中国のポータルサイト・今日頭条に、新婚旅行で日本に訪れた女性がつづった文章が掲載された。[ 記事全文 ]
中国国営紙、THAAD配備で韓国ロッテに警告「中国事業拡大の願い空振りに」 Record China2月20日(月)15時30分
2017年2月19日、中国共産党機関紙「人民日報」系の国際問題専門紙「環球時報」は、韓国ロッテグループが高高度防衛ミサイル(THAAD)の…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア