BIGLOBEトップBIGLOBEニュース
国際

韓国の空気がどんどん深刻に、大気汚染による死亡者も増加=韓国ネット「中国に抗議して」「余計な世界記録はいらない」

Record China2月17日(金)9時20分
画像:16日、韓国の大気汚染物質濃度が経済協力開発機構加盟国の中で最悪の水準にあることが分かった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は韓国・ソウル。
写真を拡大
16日、韓国の大気汚染物質濃度が経済協力開発機構加盟国の中で最悪の水準にあることが分かった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は韓国・ソウル。
2017年2月16日、韓国・SBSによると、韓国の大気汚染物質濃度が経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最悪の水準にあることが分かった。

米国の非営利民間環境保健団体「保健影響研究所」の資料によると、1990年の韓国の年平均の大気汚染物質濃度は26マイクログラム/立方メートルだった。当時のOECDの平均値(17マイクログラム/立方メートル)よりはるかに高く、加盟国の中で7番目に悪い水準だった。その後、2015年までの25年間でOECDの平均値は15マイクログラム/立方メートルにまで下がったが、韓国はむしろ29マイクログラム/立方メートルに上昇。トルコを除くと、OECD加盟国の中で最も悪い水準にまで悪化した。

韓国は世界各国を大気汚染物質の濃度別に分けた5グループのうち真ん中の3グループに属しており、先進国とは比較できないほど悪い水準にある。他のアジアの国と比較しても、中国(58マイクログラム/立方メートル)や北朝鮮(34マイクログラム/立方メートル)、ラオス(33マイクログラム/立方メートル)よりは良いが、日本(13マイクログラム/立方メートル)やシンガポールはもちろん、ベトナム、モンゴル、フィリピンよりも悪い状況だ。

また、健康に非常に有害な大気汚染物質の1つであるオゾン濃度も、OECD加盟国の平均値は1990年から2015年までの25年間で低下したが、韓国は上昇した。これにより、OECD加盟国のオゾン濃度が高い国ランキングも4位を記録。日本や中国より高い順位を記録した。

韓国の大気汚染による死亡者の数は、1990年の年間1万5100人から2000年には1万3100人にまで減少したが、2002年から増加に転じ、2015年には1万8200人に達した。

韓国のネットユーザーの間では大気汚染の原因は中国にあると主張する声が多い。この報道にも「中国に抗議してくれ」「中国に対してはっきりと意見を言える指導者はいないの?」「上には核工場、横には大気汚染物質工場」「自動車がほぼ走っていない北朝鮮の大気汚染が韓国より深刻なら、もう答えは出た」などコメントが寄せられ、多数の共感を得た。その他、「余計な世界記録はいらない」「不正腐敗も世界最悪、自殺率も世界最悪、ついに空気まで…」「韓国が地獄の国に変貌しつつある」「能力さえあれば移民したい」などのコメントもみられた。(翻訳・編集/堂本)
Copyright 2017 Record China. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

この記事のトピックス

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
韓国のまとめ写真 大気汚染のまとめ写真 抗議のまとめ写真 死亡のまとめ写真 中国のまとめ写真
注目ニュース
想像を絶した「北朝鮮」の実情を吐露する20歳の脱北少女のスピーチが胸に刺さる 9ポスト9月20日(水)18時51分
2014年に話題になった脱北少女パク・ヨンミさん(現在23歳)のスピーチの動画が再び話題になっています。[ 記事全文 ]
よく考えてみると「日本って世界最強の島国じゃないか」=中国報道 サーチナ9月19日(火)14時12分
中国からすれば日本は小さな島国に見える。中国の国内総生産(GDP)が日本を抜いたことなどを理由に、近年は「日本は中国にはもう及ばない」とい…[ 記事全文 ]
トランプ氏「完全な破壊以外 選択肢なくなる」 北朝鮮に警告 TBS9月20日(水)6時14分
アメリカのトランプ大統領は国連総会で初めての一般討論演説を行い、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮に対し、「完全に破壊する以外、選択肢はなく…[ 記事全文 ]
北朝鮮が日本の方向にばかりミサイルを撃つ理由=中国 サーチナ9月19日(火)22時12分
北朝鮮が15日朝に発射した中距離弾道ミサイルは北海道上空を通過し、襟裳岬から東に約2200キロの沖合に着水した。[ 記事全文 ]
韓国で若い世代の売買春が急増、処罰の甘さが問題に=韓国ネット「いつまで青少年を保護するの?」「お金のために売春する人も処罰すべき」 Record China9月19日(火)23時0分
2017年9月19日、韓国政府が売買春や関連犯罪防止を目的に定めた「性売買追放週間」が始まったのに合わせ、韓国・ヘラルド経済が、青少年によ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 トランプ氏「完全な破壊以外 選択肢なくなる」 北朝鮮に警告TBS9月20日(水)6時14分
2 よく考えてみると「日本って世界最強の島国じゃないか」=中国報道サーチナ9月19日(火)14時12分
3 メキシコでM7・1、119人死亡…ロイター読売新聞9月20日(水)7時56分
4 ブーケの代わりに保護施設の仔犬を抱いた花嫁(米)Techinsight9月19日(火)16時21分
5 北朝鮮の「自滅」警告=横田めぐみさんに言及—初の国連総会演説・米大統領時事通信9月20日(水)8時31分
6 「日本政府は慰安婦組織の共犯」日系韓国人教授が主張=韓国ネットから称賛の声Record China9月19日(火)21時20分
7 北朝鮮が日本の方向にばかりミサイルを撃つ理由=中国サーチナ9月19日(火)22時12分
8 韓国で若い世代の売買春が急増、処罰の甘さが問題に=韓国ネット「いつまで青少年を保護するの?」「お金のために売春する人も処罰すべき」Record China9月19日(火)23時0分
9 世界で最も安全な10カ国に中国がランクイン=中国ネットは賛否両論Record China9月18日(月)22時20分
10 日本は「不思議で奇妙な弁当の国」、日本人はなぜ駅弁に情熱を傾けるの?=中国サーチナ9月19日(火)5時12分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア