BIGLOBEトップBIGLOBEニュース
国際

韓国企業が世界の半導体メモリー市場で上位独占、シェア7割確保=「今は1番でも日本企業の例もあるから…」—韓国ネット

Record China2月17日(金)5時50分
画像:15日、韓国・ニューストマトによると、韓国メーカーが世界DRAM市場シェアの74.2%を確保し、1〜2位の座を独占した。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は韓国製品の展示コーナー。
写真を拡大
15日、韓国・ニューストマトによると、韓国メーカーが世界DRAM市場シェアの74.2%を確保し、1〜2位の座を独占した。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は韓国製品の展示コーナー。
2017年2月15日、韓国・ニューストマトによると、韓国企業が半導体メモリー・DRAMの世界市場シェアの74.2%を確保し、シェアランキングで1・2位の座を独占したことが分かった。

台湾の市場調査会社TrendForceの半導体メモリー市場調査部門DRAMeXchangeによると、2016年第4四半期(10〜12月期)の世界のDRAM市場は前四半期より18.2%伸び120億5400万ドル(約1兆3700億円)だった。DRAMeXchangeは、「繁忙期の需要増加にPC・モバイル・サーバーなど用途別DRAM製品の価格高騰が重なり、市場規模が大きくなった」と説明した。

同四半期のDRAM売上高を企業別にみると、韓国のサムスン電子が59億1800万ドル(約6750億円)で市場シェア47.5%を記録し「不動の1位」を守った。2位も韓国企業・SKハイニックスで、売り上げは33億3000万ドル(約3790億円)、シェアは26.7%だった。3位は米マイクロン・テクノロジーで売り上げ24億2100万ドル(約2760億円)、シェア19.4%。上位3社の市場シェアを合わせると93.6%に達し、上位2社の韓国メーカーだけでも世界市場の74.2%を占めたことになる。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「現状に安住してはならない。造船業界の二の舞いになる」「今は1番でも日本企業の例もあるから…」など、慢心を戒める声が寄せられた。また、「DRAM市場の好況が続いて、世界1位を走るサムスンの経営状態が良くなることを望んでいるが、グループオーナーの政界との癒着など、誤った部分は正す必要がある」「サムスンは、メモリー市場のシェア1位を堅固にして、弱い部門である非メモリー事業を育成すべき」など、サムスン電子の現状改善への意見もあった。(翻訳・編集/三田)
Copyright 2017 Record China. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

関連ワード

「韓国企業が世界の半導体メモリー市場で上位独占、シェア7割確保=「今は1番でも日本企業の例もあるから…」―韓国ネット」の関連ニュース

注目ニュース
なぜ?韓国人が日本旅行で一番怖かったものはトイレ!?=ネットは賛否「息が詰まりそう」「韓国もこうだといいのに…」 Record China3月22日(水)7時30分
2017年3月21日、このほど韓国のインターネット掲示板に「日本を旅行した時に一番怖かったもの」と題したスレッドが立ち、ネットユーザが思い…[ 記事全文 ]
台湾人の好きな国、1位シンガポール、2位日本との結果に中国ネットも驚き=「日本が1位なはずだろ」 Record China3月22日(水)12時10分
2017年3月22日、シンガポール華字紙・聯合早報によると、台湾民意基金会による調査で、台湾人が最も好きな国は1位がシンガポールで、日本は…[ 記事全文 ]
一人旅の英国人女性が強姦、殺害される(印) Techinsight3月22日(水)20時30分
女性のひとり旅については危険な行き先を選ばない、無防備にならない、現地の人間を信用しすぎてはならないなどいくつもの注意点があるが、強姦、傷…[ 記事全文 ]
パンダが白黒の理由判明、米国の研究者が発表(字幕・21日) ロイター3月23日(木)16時43分
ジャイアントパンダはなぜ白黒の模様をもつのか—─。それは科学者の間で長年謎とされてきた。[ 記事全文 ]
やっぱり日本は日本だった!消防士の目から見た日本=中国報道 サーチナ3月23日(木)14時12分
興味が違えば、旅行に行っても人によって見る視点が異なるものだが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「消防士の目から見た日本」と題した記事を…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア