米大学がダライ・ラマ氏招待で中国人留学生らが抗議、学校側「政治に関わるスピーチはさせない」—中国紙

2月17日(金)19時30分 Record China

17日、環球時報によると、米カリフォルニア大学サンディエゴ校が卒業式にチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマを招待すると発表した件について、大学側が中国人留学生代表に対し「政治に関わるスピーチをさせない」と約束したという。写真はUCSDの図書館。

写真を拡大

2017年2月17日、環球時報によると、米カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)が6月の卒業式にチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世を招待すると発表した件について、大学側が中国人留学生代表に対し「政治に関わるスピーチをさせない」と約束したという。

同校の中国人留学生団体によると、現地時間15日午後に同校校長と3つの中国人留学生団体代表者との間で約1時間にわたる話し合いが持たれ、学校側は「招待のキャンセルは不可能。ただ、これまで宣伝の中で『自由の闘士』『チベット人リーダー』などの誘導的な言葉を用いてこなかったし、これからもしない。単にダライ・ラマ氏が来ると言っているだけだ」と釈明、校長は「ダライ・ラマ氏のスピーチには政治的なテーマを含めない」とし、この件を後日発表すると約束したという。

また、「ダライ・ラマ氏を招待することで中国人の感情を傷つけるとは考えなかったのか」との問いに対して、校長は「彼が宗教家であることしか知らず、その他の事については知らなかった」と語ったという。中国人留学生団体のメンバーは「校長の約束は妥協とは言えないが、われわれにもあまり手立てがない。次にどのような行動に出るか、現時点で決まっていない」とコメントしたという。(翻訳・編集/川尻)

Record China

この記事が気に入ったらいいね!しよう

抗議をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ