ラブレター代筆、元カノの「遺留品」出品…ネット通販に新商品が続々—中国

2月17日(金)15時30分 Record China

お金を稼ぐために、中国のショッピングサイトはあの手この手を尽くしており、「女の子へのアプローチ代行」まで登場している。

写真を拡大

お金を稼ぐために、中国のショッピングサイトはあの手この手を尽くしており、「女の子へのアプローチ代行」まで登場している。重慶晨報が伝えた。

中国のショッピングサイト大手・淘宝網で、「恋人のいない男女」と検索すると、関連商品が数多くヒットし、そのページ数は100ページ以上。恋人のいない男女が、いじけてポリポリ食べるおやつのほか、バレンタインの時期には彼氏のいない女性向けのマッチョな男性の腕枕クッション、恋人がいない人が一人でレストランで食事をし、トイレなどに行っている間に料理が片付けられらないよう置いておくプレート、恋人がいない人専用の食器などが続々と登場した。

恋人を作りたいという男女向けに、淘宝網では、恋愛相談や女性へのアプローチ代行、ラブレター代筆などのサービスも登場している。女性へのアプローチを例にすると、相談時間や計画内容で料金が変わり、最高で2000元(約3万3000円)。約300人が関連のサービスを利用している。

興味深いのは、フリマアプリ・閑魚で、「元カノのグッズ」の出品数がバレンタインデー当日にピークに達している点だ。その内容もバラエティに富んでおり、女性の服や靴、バック、香水、口紅などがある。

元カノの「遺留品」以外に、「元彼・元カノに別れを告げよう」というスレッドでは、3万7000点の商品が売りに出され、400万以上の「いいね!」を集めている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

Record China

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中国をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ