BIGLOBEトップBIGLOBEニュース
国際

米研究者、中国が米雇用奪うに異議=「怒るべきは中国の方」—香港メディア

Record China2月17日(金)1時0分
画像:14日、中国事情に詳しい米国の若手研究者、カーリー・オコンネル氏は、香港アジア・タイムズ・オンラインに寄稿し、移民と中国が米国の雇用を盗んでいるという見方に異議を唱えている。写真は米ニューヨークの自由の女神像。
写真を拡大
14日、中国事情に詳しい米国の若手研究者、カーリー・オコンネル氏は、香港アジア・タイムズ・オンラインに寄稿し、移民と中国が米国の雇用を盗んでいるという見方に異議を唱えている。写真は米ニューヨークの自由の女神像。
2017年2月14日、中国事情に詳しい米国の若手研究者、カーリー・オコンネル氏は、香港アジア・タイムズ・オンラインに寄稿し、移民と中国が米国の雇用を盗んでいるという見方に異議を唱えている。

トランプ米大統領とその信者は、移民と中国が米国の雇用を盗んでいると信じている。だが投資移民の大半は中国人であり、雇用を創出するために米国に来ている。

米国のEB-5プログラムは、出資金額や雇用創出の厳しい基準を満たす外国人投資家に対してグリーンカード(永住権)を取得できるようにしたビザ取得プログラムだ。同プログラムは、米議会が経済を刺激する目的で1990年に作成したもので、資格を得るためには、申請者は新しい商業企業に投資し、米国人労働者のために雇用を創出しなければならない。

EB-5地域センタープログラムのための全国組織、Invest In the USA(IIUSA)が発表した報告書によると、EB-5投資家は2016年に米国企業に38億ドル(約4325億円)以上を投資している。16年の中国本土の投資家の人数は報告されていないが、14年には4153人で、全体の85%を占めている。それに続くのがベトナム、台湾、インドだ。毎年1万件のEB-5ビザが付与されているが、過去2年間は中国人投資家が殺到しその枠はすぐに埋まってしまった。トランプタワーの建設資金の大部分も、中国のEB-5移民の投資を利用したものだ。

トランプ氏が、中国の投資移民を利用して建てられたタワーに自身の名前を飾る一方で、中国が米国経済にダメージを与えていると非難するのは、言行不一致と言わざるを得ない。さらに、移民の経済に与える影響は、有益性と有害性を考慮して、多面的な問題として捉える必要がある。

移民が米国の雇用を盗んでいると非難している人の多くは、EB-5プログラムを通じて直接どれくらいの雇用が創出されているのかを知らない。1件のビザで少なくとも10人の雇用が創出されると計算すれば、ビザの年間の発給件数は1万件であるから、毎年少なくとも10万人の雇用機会が創出されることになる。経済に対する刺激で関節的にさらに多くの雇用が創出されていることは言うまでもない。むしろ怒るべきなのは中国の方だ。最も裕福で経済に精通した人材を米国に奪われているのだから。(翻訳・編集/柳川)
Copyright 2017 Record China. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード

「香港」をもっと詳しく

注目ニュース
日本の地価上昇に中国人観光客が懸念、「経済が良くなるのはうれしいことだが…」—華字紙 Record China9月25日(月)8時40分
2017年9月20日、華字紙・日本新華僑報は、「日本の地価上昇に中国人観光客から懸念の声が上がっている」とする記事を掲載した。[ 記事全文 ]
「安全性」を重視して「日本の新幹線」を選んだインドの決断は正しかったのか=中国報道 サーチナ9月25日(月)8時12分
日本が受注したインドのムンバイとアーメダバードを結ぶ高速鉄道プロジェクトで14日、起工式が行われた。[ 記事全文 ]
韓国経済は危機に突入?政府介入も起死回生は難しく—中国メディア Record China9月24日(日)7時30分
2017年9月22日、海外網は記事「韓国経済は危機に突入か?政府の景気対策でも起死回生は難しいと韓国メディア」を掲載した。[ 記事全文 ]
定年退職しても休まない日本の高齢者、社会が積極的に支援—華字紙 Record China9月23日(土)11時40分
2017年9月20日、華字紙・日本新華僑報は、日本では定年退職した高齢者の再就職が積極的に支援されていると伝えた。[ 記事全文 ]
空港で手にした搭乗券に「SSSS」の文字があったら、アナタを待っているものは…!?(米) Techinsight9月23日(土)15時3分
アメリカの空港セキュリティチェックポイントで、米運輸保安局(TSA)の職員によるしつこいほどの検査を受けている人を見かけることがある。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア