BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト
国際

ワーキングホリデーに行ってみたい国・・・1位は日本、中国は圏外 この差は?=中国メディア

サーチナ2月17日(金)8時12分
画像:異国の文化を体験しながら現地で働きキャリアを磨く、ワーキングホリデーの制度は若者の特権だ。日本ワーキング・ホリデー協会によると、現在日本がワーキングホリデー協定を結んでいるのはオーストラリアなど16の国・地域だ。欧米の国が多いが、アジアでは韓国、香港、台湾に行くことができる。残念ながら、ワーキングホリデーで中国大陸に行くことはできないのだ。(イメージ写真提供:123RF)
写真を拡大
異国の文化を体験しながら現地で働きキャリアを磨く、ワーキングホリデーの制度は若者の特権だ。日本ワーキング・ホリデー協会によると、現在日本がワーキングホリデー協定を結んでいるのはオーストラリアなど16の国・地域だ。欧米の国が多いが、アジアでは韓国、香港、台湾に行くことができる。残念ながら、ワーキングホリデーで中国大陸に行くことはできないのだ。(イメージ写真提供:123RF)
 異国の文化を体験しながら現地で働きキャリアを磨く、ワーキングホリデーの制度は若者の特権だ。日本ワーキング・ホリデー協会によると、現在日本がワーキングホリデー協定を結んでいるのはオーストラリアなど16の国・地域だ。欧米の国が多いが、アジアでは韓国、香港、台湾に行くことができる。残念ながら、ワーキングホリデーで中国大陸に行くことはできないのだ。

 中国メディア・今日頭条は14日、「ワーキングホリデー先で人気の国ランキング」を紹介する記事を掲載した。記事は、ワーキングホリデーの制度を利用して多くの世界の若者が自らの夢を追い求めているとしたうえで、あるインターネット上の調査で明らかになった人気のワーキングホリデー先トップ10を紹介している。ちなみに昨年のランキングで1位になったのは、オーストラリアだったとのことだ。

 今回1位に輝いたのは、日本。両国間でワーキングホリデーの制度は利用できないが、記事は「多くの中国人が日本に行きたがっている。距離的にも文化的にも近く、日本語を学ぶ人も増えている。1位になってもおかしくはない」と解説している。日本の学校に留学しながらアルバイトをするという生活をワーキングホリデーの範疇に加えてしまうのであれば、確かに人気の渡航先と言えるだろう。

 2位以下は、米国、オーストラリア、チェコ、韓国、英国、フランス、ドイツ、カナダ、ニュージーランドとなっている。実は、中国は「ワーホリ後進国」であり、協定を結んでいるのはオーストラリアとニュージーランドだけで、しかも最近始まったばかりだ。よって、ランキングに中国が入らないのも当然と言えば当然かもしれない。

 中国では「ワーキングホリデー」という言葉自体が普及しておらず、留学などと混同されているのが現状だろう。今後、日本を含めて協定を結ぶ国が増えることで、社会全体に浸透していくことだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
Copyright (C) Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「ワーキングホリデーに行ってみたい国・・・1位は日本、中国は圏外 この差は?=中国メディア」の関連ニュース

注目ニュース
金正男氏殺害に深い闇=容疑者「冤罪だ」—検視嫌がる北朝鮮 時事通信2月20日(月)16時0分
【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正男氏殺害事件は20日、発生から1週間を迎えた。[ 記事全文 ]
「日本人はどうしてこんなことができるの?」=新婚旅行で日本を訪れた中国人女性が驚き! Record China2月17日(金)8時20分
2017年2月13日、中国のポータルサイト・今日頭条に、新婚旅行で日本に訪れた女性がつづった文章が掲載された。[ 記事全文 ]
インドネシア高速鉄道は困難に直面、日本が「嘲笑の機会をうかがっている」=中国 サーチナ2月18日(土)8時12分
インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画はもともと日本の受注が確実視されていた。だが、ふたを開けてみるとインドネシア政府の債務保証を求めないな…[ 記事全文 ]
金正男殺害を中国はどう受け止めたか——中国政府関係者を直撃取材 ニューズウィーク日本版2月20日(月)7時36分
習近平政権誕生以来、中朝関係が冷え切っている中、中国はなぜ金正男氏を保護してきたのか、殺害は今後の中朝関係に影響するかなど、日本人が抱く疑…[ 記事全文 ]
正男氏の息子ハンソル氏、暗殺警戒し留学断念=中国警告、厳戒のマカオへ戻る—英紙 時事通信2月20日(月)8時30分
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏暗殺に絡み、英紙メール・オン・サンデー(電子版)は19日、正男氏の息子ハンソル氏(21)が…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア