BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト
国際

まだまだ日本や先進国頼み・・・ボールペン以外で中国の製造業が自主開発すべきもの=中国メディア

サーチナ2月17日(金)7時12分
画像:今年初め、中国国内では「わが国でついにボールペンのペン先を作れるようになった」というニュースが駆け巡った。滑らかな書き味を持続させためのペン先の製造には細かい技術が必要であり、中国の製造業の進歩を示すトピックだった。しかし当然ながら、ボールペンだけ国産化すればいいという訳にはいかない。(イメージ写真提供:123RF)
写真を拡大
今年初め、中国国内では「わが国でついにボールペンのペン先を作れるようになった」というニュースが駆け巡った。滑らかな書き味を持続させためのペン先の製造には細かい技術が必要であり、中国の製造業の進歩を示すトピックだった。しかし当然ながら、ボールペンだけ国産化すればいいという訳にはいかない。(イメージ写真提供:123RF)
 今年初め、中国国内では「わが国でついにボールペンのペン先を作れるようになった」というニュースが駆け巡った。滑らかな書き味を持続させためのペン先の製造には細かい技術が必要であり、中国の製造業の進歩を示すトピックだった。しかし、当然ながら、ボールペンだけ国産化すればいいという訳にはいかない。

 中国メディア・今日頭条は15日、「ボールペンの先以外にも、中国の製造業が力を入れなければいけないモノ」とする記事を掲載した。記事は、輸入品に代わるペン先の製造に成功したことは「驚きであり、喜ばしいこと」であるとする一方で「喜び過ぎてはいけない」と説明。中国にはまだまだ輸入に依存している製品が多く、「これらの技術的ネックを解消してこそ、製造大国から製造強国になれるのだ」と論じた。

 そして、中国の製造業において国産化が待ち望まれる分野として「先進的な航空エンジン」、「自動車エンジン」、「ハイエンドのデジタル制御工作機械」、「ハイエンドの医療機器」、「コンピューターのCPU」、「コンピューターのOS」、「モバイル端末のOS」、「デジタル一眼レフカメラ」、「短距離走用シューズの安定機能」の9点を挙げている。自動車のエンジンや、デジタル一眼レフカメラなどは、日本の存在を意識していると言えそうだ。

 航空宇宙開発においても、自動車産業においても動力の要と言えるエンジンにおいて質の高い国産品が製造できていない現状を歯がゆく思っている中国のネットユーザーも多いことだろう。そして、CPUやOSも電子端末にとって核となる部分である。中国の製造業界が目指す新たなマイルストーンは、様々な「心臓部分」を自前で作れるようになのだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
Copyright (C) Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「まだまだ日本や先進国頼み・・・ボールペン以外で中国の製造業が自主開発すべきもの=中国メディア」の関連ニュース

注目ニュース
金正男氏殺害に深い闇=容疑者「冤罪だ」—検視嫌がる北朝鮮 時事通信2月20日(月)16時0分
【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正男氏殺害事件は20日、発生から1週間を迎えた。[ 記事全文 ]
韓国人が「面白い」と注目した日本の鉄道の風景=「結構目障りかも」「韓国ではぼろが出ちゃうから無理」—韓国ネット Record China2月21日(火)0時40分
2017年2月20日、このほど韓国のインターネット掲示板に「日本の電車に乗ったら」と題したスレッドが立ち、鉄道好きとみえるネットユーザーた…[ 記事全文 ]
「日本人はどうしてこんなことができるの?」=新婚旅行で日本を訪れた中国人女性が驚き! Record China2月17日(金)8時20分
2017年2月13日、中国のポータルサイト・今日頭条に、新婚旅行で日本に訪れた女性がつづった文章が掲載された。[ 記事全文 ]
金正男殺害を中国はどう受け止めたか——中国政府関係者を直撃取材 ニューズウィーク日本版2月20日(月)7時36分
習近平政権誕生以来、中朝関係が冷え切っている中、中国はなぜ金正男氏を保護してきたのか、殺害は今後の中朝関係に影響するかなど、日本人が抱く疑…[ 記事全文 ]
暴走の金正恩政権、孤立深める…正男氏殺害事件 読売新聞2月20日(月)22時35分
【クアラルンプール=児玉浩太郎、ソウル=中島健太郎】北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)がクアラルンプール国際空港で殺害された事件をめぐって、北朝鮮がマレーシア、インドネシア、中国など伝統的友好国との摩擦を深めている。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア