BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト
国際

「爆買い」をやめた! 広州恒大の方向転換にどよめく日本人「正しいけど、急すぎだろ」=中国メディア

サーチナ2月17日(金)12時12分
画像:かねてより豊富な資金力で海外のスター選手を獲得してきた中国サッカー・スーパーリーグの広州恒大が「爆買い」方針を改め、中国人選手中心のチーム作りを進めるという。この急激な方針転換は、中国のみならず日本のサッカーファンも驚かせるものになったようである。(イメージ写真提供:123RF) 
写真を拡大
かねてより豊富な資金力で海外のスター選手を獲得してきた中国サッカー・スーパーリーグの広州恒大が「爆買い」方針を改め、中国人選手中心のチーム作りを進めるという。この急激な方針転換は、中国のみならず日本のサッカーファンも驚かせるものになったようである。(イメージ写真提供:123RF) 
 かねてより豊富な資金力で海外のスター選手を獲得してきた中国サッカー・スーパーリーグの広州恒大が「爆買い」方針を改め、中国人選手中心のチーム作りを進めるという。この急激な方針転換は、中国のみならず日本のサッカーファンも驚かせるものになったようである。

 中国メディア・騰訊網は15日、広州恒大の方針転換に対して日本のネットユーザーから様々なな「ツッコミ」が寄せられたことを紹介する記事を掲載した。記事は中国サッカーリーグの「覇者」と言える広州恒大が「2020年までに全員中国人のチームを作る」と発表したことを伝えたうえで、日本メディアが「広州恒大が『爆買い』終了」、「180度の大方針転換」といった見出しで報じたことを紹介した。

 そして、日本のネットユーザーも「極端すぎる。バランスはどうした」、「全員中国人選手じゃ、次のACLはゴールすら挙げられない」、「自ら万里の長城を壊すようなもの」といった「ツッコミ」が火を噴くように飛び出したことを伝えた。また、「全て中国人にするのであれば監督も中国人にすべき」、「考え方は評価できるが結果が出なければまた180度方針転換しかねない」といった意見もあったほか、「爆買い」の対象とされてきたスター選手たちが日本に流れてくる可能性について言及する者もいたとしている。

 日本社会において方針を180度転換するケースはあまり考えられない。急激な変化は、慎重を旨とする日本人にとってはあまりにハイリスクだからだ。一方で中国では、よいと思ったものに向けて大胆に舵を切ることは決して珍しいことではない。今回の件からは、「とりあえずやってみて、ダメだったらまた考えよう」という中国らしい思考が垣間見えた気がする。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF) 
Copyright (C) Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「「爆買い」をやめた! 広州恒大の方向転換にどよめく日本人「正しいけど、急すぎだろ」=中国メディア」の関連ニュース

注目ニュース
韓国に現れた間抜け過ぎる「シンデレラ犯」に、ネットはあきれ顔「まるでコメディー」「盗みも頭が良くないとできない」 Record China2月27日(月)21時10分
2017年2月25日、韓国で盗みを働いた女が、盗難現場に脱ぎ捨てた靴が原因で御用となる事件があり、複数の韓国メディアが「シンデレラ犯」「シ…[ 記事全文 ]
元慰安婦のために全額使うはずでは?日本政府が拠出した10億円の使い道が物議=「韓国政府は誰のために存在?」「日本に返そう」—韓国ネット Record China2月27日(月)11時40分
2017年2月27日、韓国・国民日報によると、昨年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意に基づき設立された韓国の「和解・癒やし財団」に日本政府が拠…[ 記事全文 ]
整形51回 “リアル・ケン”が「最も多くの美容整形を受けた男性」でギネス認定か!? Techinsight2月27日(月)12時50分
2月末、バービー人形の恋人である“ケン”を目指して美容整形に命を懸けるロドリゴ・アルベスさん(33)が51回目の手術を終えた。[ 記事全文 ]
野犬に噛まれ死亡したと思われた少年、葬儀の途中で息を吹き返す(印) Techinsight2月26日(日)22時0分
このほどインドのとある村で、亡くなったと思われた少年が再び息を吹き返し家族や友人、村人を驚かせた。[ 記事全文 ]
殺害されたのは金正男氏じゃない?日本のネット上で疑惑浮上=中国ネットでは「こんな議論に意味はない」の声も Record China2月25日(土)22時40分
2017年2月25日、中国メディアの地球日報が、日本のネット上で、殺害されたのは金正男ではなかったのではないとの疑惑が出ていると伝えた。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 元慰安婦のために全額使うはずでは?日本政府が拠出した10億円の使い道が物議=「韓国政府は誰のために存在?」「日本に返そう」—韓国ネットRecord China2月27日(月)11時40分
2 金正恩氏が劣等感を抱く正男氏の息子・ハンソル氏の出自NEWSポストセブン2月27日(月)7時0分
3 トランプ米大統領指名の海軍長官辞退 共同通信 47NEWS2月27日(月)9時54分
4 野犬に噛まれ死亡したと思われた少年、葬儀の途中で息を吹き返す(印)Techinsight2月26日(日)22時0分
5 正男氏にボディーガード?付き添っていた読売新聞2月27日(月)7時43分
6 入れ墨の有無「よく分からない」=正男氏事件でマレーシア保健相時事通信2月27日(月)10時31分
7 きっかけは間違い電話 28歳男性と82歳女性が結婚(インドネシア)Techinsight2月26日(日)21時0分
8 日本人が明かした「日本でのNG行動」に韓国ネットの反応さまざま=「これくらい大目に見ようよ」「韓国でも嫌がられる」Record China2月27日(月)10時30分
9 最も「反中」なのはどの国のメディアか、ビッグデータ分析結果が中国で話題にRecord China2月26日(日)10時50分
10 ビル・パクストン氏死去時事通信2月27日(月)8時44分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア