脳卒中により庭で倒れた女性 隣家のペット犬が危機を察し命を救う(米)

2月17日(金)14時58分 Techinsight

隣人のペット犬に命を救われた女性(出典:http://www.godupdates.com)

写真を拡大

先月17日、米アイオワ州に住む60代の女性が自宅の庭で突然発作に襲われた。意識はあるものの、地面に倒れたまま動くことも助けを呼ぶことも出来ずにいた女性を救ったのは、隣家のペット犬だった。『godupdates.com』が伝えている。

「地面に伏したまま顔がしびれ、体の左半分に力が入らないのに気がつきました。助けを呼びたいのに声が出ないのです。」

アイオワ州ベッテンドルフ在住のマーシャ・アレンさん(67)は自宅の庭にひとりでいる時に突然、脳卒中の症状に襲われた。絶望感に苛まれる中、倒れているマーシャさんを発見したのは、隣に住むデイブ・スコットさんが飼っている7歳のラブラドール・レトリバー“マック”だった。

当時のことを、デイブさんはこのように振り返っている。

「仕事に行く前にマックのトイレを済ませようと裏庭に放しました。すると温和な性格で滅多に吠えることがないマックが、狂ったように鳴き叫んでいるのが聞こえたのです。それにいつまでたっても吠えるのを止めようとしない。何事かと思って慌てて外に出ましたよ。」

デイブさんが裏庭で発見したのは、泥に埋もれたまま倒れているマーシャさんの姿だった。デイブさんは「最初は転んで起き上がれないだけなのかと思ったのです。まさかマーシャさんが大変なことになっているなんて思いもしませんでした。彼女とは21年来の付き合いですが、こんなことは初めてですよ」と明かす。

マーシャさんは「マックが吠えているのはよくわかりました。頭の中で、うるさいから吠えるのをやめて…と叫んでいたのを覚えています。でも今となって思えば、マックは誰かがやって来るまで吠えるのをやめないって思っていたのだと思います。第六感が働いたということかしら。マックはヒーローですよ」と命の恩人に感謝してもしきれない様子だ。マーシャさんは後遺症もほとんど見られず、経過も順調だという。

一方のマックだが、その日はデイブさんにたくさんのハグと大好きな骨をご褒美としてもらい大喜びだったそうだ。

ペット犬の活躍はマックだけにとどまらない。先日はロシアにて、氷点下20度の中で置き去りにされた2歳男児をペット犬が2日間温め続けて命を救ったことが伝えられた。また昨年には米フロリダ州で、燃え盛る炎の中に勇敢に飛び込み、幼子を助けたジャーマン・シェパードも“ヒーロー犬”として話題になった。

出典:http://www.godupdates.com
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

女性をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ