BIGLOBEトップBIGLOBEニュース
国際

薬局のミスで合成鎮痛薬メタドンを渡された9歳少女、母親が気付かず飲ませる(英)

Techinsight2月17日(金)7時0分
画像:「今はどんな薬も飲むのが怖い」と語る9歳女児(出典:http://metro.co.uk)
写真を拡大
「今はどんな薬も飲むのが怖い」と語る9歳女児(出典:http://metro.co.uk)
病院やクリニックから処方箋が出ると、薬を調合する薬局をまず疑ってかかる人はいないだろう。しかし人為的ミスはどこにでもあるということを認識させられる事件がイギリスで起こった。英紙『Metro』が伝えている。

2月7日の朝、英ノッティンガムに暮らすドナ・バックレイさん(36歳)は、娘のルビー=メイ・ベルちゃん(9歳)が水系感染症を起こしていたために、GP(一般診療所)で処方された抗生剤をもらうためにメドーズにあるマナー薬局へ行った。

ところがそこで渡されたのは処方箋にある抗生剤ではなく、メタドンというヘロイン依存患者の治療に使う合成鎮痛薬だった。そうとは知らずにドナさんは家に帰り、ルビー=メイちゃんにスプーン2杯分を飲ませた。

その後、2階で横になったルビー=メイちゃんの様子を確認したドナさんは娘の目が虚ろでとても眠たがっていることに気付き、もう薬を飲ませるのは止めておこうと思った。するとちょうどその時、マナー薬局の薬剤師が訪ねて来た。

わざわざ訪ねて来た男性薬剤師を訝しく思うドナさんに、彼はルビー=メイちゃんに間違った薬を渡してしまったことを告げた。そして薬局で個人的に会えないかと聞いて来たという。

ドナさんとパートナーのラルフさん(38歳)は娘の体温がいつもより高いことも気になったために翌日、言われた通り薬局に出向き、そこで驚愕の事実を知ったのである。

「薬局から、娘に与えられたのはメタドンだと知ってヒステリーを起こしましたよ。娘を失うのではないかと怖くなりました」とドナさんは語る。薬局側のとんでもないミスを知ったドナさんとラルフさんは、すぐにルビー=メイちゃんを連れてノッティンガム大学NHS(国営医療サービス)内のクィーンズ・メディカルセンター緊急外来へ向かった。1日入院して検査が行われたが、幸いにも大事に至らずに済んだようだ。

「知らずにもっとメタドンを与えていたらどうなったかと思うだけでゾッとします」とラルフさんもその恐怖を明かすが、このような経験を味わったルビー=メイちゃんは「今はどんな薬も飲むのが怖い」と話している。

マナー薬局は後日、ドナさん一家に謝罪の手紙を送っている。「単発で起こったミス」としてはいるものの本来あってはならない薬局側の過失に現在、ノッティンガム警察とNHS Englandは詳細を調査中である。また、ドナさんとラルフさんは薬局に対して法的措置を取る意思を見せているという。

出典:http://metro.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)
COPYRIGHT 2007-2014 MEDIAPRODUCTSJAPAN CO,LTD. ALL RESERVED

はてなブックマークに保存

Techinsight

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「薬局」をもっと詳しく

注目ニュース
「慰安婦は売春婦」発言、日本総領事が否定するも米メディアが証拠を公開=韓国ネットは大憤慨 Record China6月29日(木)13時50分
2017年6月29日、日本の篠塚隆駐米アトランタ総領事の「慰安婦は売春婦」発言が波紋を呼ぶ中、米国メディアが篠塚氏とのインタビューの音声フ…[ 記事全文 ]
中国系男性が釣った魚をネット販売、自宅の冷蔵庫に3000匹、出頭命令出される—米華字紙 Record China6月29日(木)14時20分
2017年6月27日、米華字紙・僑報によると、米ニュージャージー州に住む中国系の男性が自分で釣った魚をネット上で売っていることが発覚し、重…[ 記事全文 ]
「日本政府が韓国の平和を壊そうとしている」韓国の市民団体が訴え=「日本は正しい歴史教育を」「なぜ日韓の仲を引き裂く?」—韓国ネット Record China6月28日(水)20時50分
2017年6月28日、韓国・ニューシスによると、米アトランタのブルックヘブン市で慰安婦を象徴する少女像の建立が進む中、日本の篠塚隆駐米アト…[ 記事全文 ]
北朝鮮の残留日本人、生存者1人に=総連機関紙が報道 時事通信6月28日(水)17時9分
【ソウル時事】在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙・朝鮮新報(電子版)は28日、北朝鮮で暮らす残留日本人をめぐり、2014年5月の日朝ス…[ 記事全文 ]
なんてことだ・・・「日本の伝統」と思いこんでいたアレ、実は日本ではほとんど誰もやらない=中国メディア サーチナ6月29日(木)15時38分
日本の文化や習慣に関する情報が世界に広まる一方で、誤って伝えられることも少なくない。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 「慰安婦は売春婦」米アトランタ日本総領事の発言が韓国で波紋=「これが日本の考え」「日本が先に慰安婦合意を破棄」Record China6月27日(火)12時10分
2 中国で日系車が「一人勝ち」、なぜ販売が伸び続けているのか=中国報道サーチナ6月27日(火)7時12分
3 中国・民主活動家 仮釈放、妻「もう手術もできない」TBS6月27日(火)17時25分
4 保育士、6歳児に「しゃべり過ぎ」とテープと糊で口を塞ぎ窒息死させる(中国)Techinsight6月26日(月)5時30分
5 なぜ日本では取り調べといえばカツ丼なのか?—中国ネットRecord China6月28日(水)9時10分
6 中国、人身売買で最低評価に…米国務省が報告書読売新聞6月28日(水)7時5分
7 「世界一醜い犬コンテスト」で3歳のマスティフ犬が優勝(米)Techinsight6月27日(火)21時6分
8 ソウルで白昼の刺傷事件、通行人がスマホで撮影し「傍観」か=目撃者の投稿が韓国ネットで物議Record China6月27日(火)14時30分
9 理解に苦しむ行動を繰り返す中国人、国内外で問題多発—海外メディアRecord China6月27日(火)7時50分
10 韓国で怒りを抑えられない人が増加、カッとなっての凶悪犯罪も頻発=韓国ネット「生きるのに余裕がないから」「怒らず我慢するとばかにされる」Record China6月27日(火)5時40分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア