BIGLOBEトップBIGLOBEニュース
国際

HIV感染し親に捨てられた22人の子供とともに “家族同然”に暮らす男性(印)

Techinsight2月17日(金)17時33分
画像:HIV感染の子供達を引き取り面倒を見る男性(出典:http://beingindian.com)
写真を拡大
HIV感染の子供達を引き取り面倒を見る男性(出典:http://beingindian.com)
病気を抱える子供たちにとって、治療以外に必要とするのはやはり親の愛ではないだろうか。しかしインドでは、HIVに感染した子供たちが親に見捨てられてしまうケースが多く存在するという。そんな子供たちを引き取り、育てているひとりの男性が『BeingIndian』で伝えられている。

インドのナビムンバイに住むラジブ・トーマスさん(Rajib Thomas、43歳)は、「レジパパ」と呼ばれて子供たちに親しまれている。トーマスさんには妻のミニさんと2人の子供がいるが、他に22人の子供たちとも一緒に暮らしている。

この22人の子供たちは親に捨てられたHIV陽性感染者だ。トーマスさんは2007年、市内にあるDY Patil病院を訪れた時にHIVに感染しているひとりの少女と出会った。その少女は「ヌードルが食べたいから持って来てほしい」と告げたが、売っている場所を見つけることができなかったトーマスさんは「明日持ってくるよ」と約束して少女のもとを離れた。

翌日、約束通りトーマスさんは病院を訪れたのだが、その少女は亡くなっていたという。激しいショックを受けたトーマスさんはこの時、「HIVに感染している子供たちのために自分が何とかしてあげたい」と強く思ったそうだ。

そしてトーマスさんはHIVとAIDSの専門家であるディヴァ・ミターレさん(Divya Mithale)に相談し、HIV感染の子供たちの世話を希望する旨を伝えたところ、HIVに感染して親から見捨てられた2人の赤ちゃんを引き取る手続きをしてくれたという。

2009年にトーマスさんは「Bless Foundation」というHIV感染の子供たちを支援するサイトを立ち上げた。そして妻と2人の実子、引き取った2人の赤ちゃんを連れてより広い家へと引っ越した。やがて徐々にトーマスさんの噂を知った人々から、マットレスや食料品、お金などの寄付が届くようになったそうだ。そして現在は、別の病院からもHIV感染した子供たちを迎え入れ、総勢26人の大家族として暮らしている。

トーマスさんの妻ミニさんは、引き取った子供たち全員の食事の用意をし、我が子と変わりなくしつけもする。またトーマスさんは子供たちの健康管理を怠らず、少しでも具合が悪くなる子がいれば早急に病院へ連れて行くという対応をしている。その他、教育面や全てにおいて子供たちが「取り残されている」という気持ちを感じないようにしっかりとサポートしているという。

トーマスさんは、誇りを持って22人の子供たちの面倒を見ている。そんな父親の姿を見ている息子のジャスティンさん(18歳)は、「僕が大人になってもきっと父のようにはできないでしょう」と話している。

「私は何も特別なことはしていません。ただ子供たちをケアして面倒を見ているだけですよ」というトーマスさんの姿は22人の子供たちにも心底伝わっているようだ。このニュースを知った人々からも「素晴らしい心を持った人だ」「こうした思いやりは大切だね」「こんな人がもっと世界には必要」「この夫婦は人としてとても器の大きい人たちだ」「セレブがメディアに注目されたいがために子供たちを引き取るっていうのとは全く違うね。本物のヒーローだ」などといった称賛の声があがっている。

出典:http://beingindian.com
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)
COPYRIGHT 2007-2014 MEDIAPRODUCTSJAPAN CO,LTD. ALL RESERVED

はてなブックマークに保存

Techinsight

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「HIV」をもっと詳しく

注目ニュース
トランプ氏「完全な破壊以外 選択肢なくなる」 北朝鮮に警告 TBS9月20日(水)6時14分
アメリカのトランプ大統領は国連総会で初めての一般討論演説を行い、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮に対し、「完全に破壊する以外、選択肢はなく…[ 記事全文 ]
よく考えてみると「日本って世界最強の島国じゃないか」=中国報道 サーチナ9月19日(火)14時12分
中国からすれば日本は小さな島国に見える。中国の国内総生産(GDP)が日本を抜いたことなどを理由に、近年は「日本は中国にはもう及ばない」とい…[ 記事全文 ]
メキシコでM7・1、119人死亡…ロイター 読売新聞9月20日(水)7時56分
【ロサンゼルス=田原徳容】米地質調査所(USGS)によると、メキシコ中部プエブラ州で19日午後1時14分(日本時間20日午前3時14分)頃、マグニチュード(M)7・1の地震があった。ロイター通信は、少なくとも119人が死亡したと伝えた。[ 記事全文 ]
米大統領、北朝鮮の「完全破壊」警告=横田めぐみさんに言及—初の国連総会演説 時事通信9月20日(水)6時19分
【ニューヨーク時事】トランプ米大統領は19日、初めて国連総会に出席して一般討論演説を行い、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮が米国や同盟国に脅…[ 記事全文 ]
ブーケの代わりに保護施設の仔犬を抱いた花嫁(米) Techinsight9月19日(火)16時21分
結婚式といえば、花嫁やブライズメイド(花嫁介添人)が持つ美しいブーケも式を豪華にするアイテムの一つだ。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 トランプ氏「完全な破壊以外 選択肢なくなる」 北朝鮮に警告TBS9月20日(水)6時14分
2 よく考えてみると「日本って世界最強の島国じゃないか」=中国報道サーチナ9月19日(火)14時12分
3 メキシコでM7・1、119人死亡…ロイター読売新聞9月20日(水)7時56分
4 ブーケの代わりに保護施設の仔犬を抱いた花嫁(米)Techinsight9月19日(火)16時21分
5 米大統領、北朝鮮の「完全破壊」警告=横田めぐみさんに言及—初の国連総会演説時事通信9月20日(水)6時19分
6 「日本政府は慰安婦組織の共犯」日系韓国人教授が主張=韓国ネットから称賛の声Record China9月19日(火)21時20分
7 韓国で若い世代の売買春が急増、処罰の甘さが問題に=韓国ネット「いつまで青少年を保護するの?」「お金のために売春する人も処罰すべき」Record China9月19日(火)23時0分
8 北朝鮮が日本の方向にばかりミサイルを撃つ理由=中国サーチナ9月19日(火)22時12分
9 世界で最も安全な10カ国に中国がランクイン=中国ネットは賛否両論Record China9月18日(月)22時20分
10 日本は「不思議で奇妙な弁当の国」、日本人はなぜ駅弁に情熱を傾けるの?=中国サーチナ9月19日(火)5時12分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア