BIGLOBEトップBIGLOBEニュース
国際

高層ビルで撮影中のモデル、300mの高さからあわや転落の騒動(ドバイ)

Techinsight2月17日(金)14時20分
画像:撮影中のモデル嬢、ドバイ高層ビルからあわや転落の騒動(出典:http://metro.co.uk)
写真を拡大
撮影中のモデル嬢、ドバイ高層ビルからあわや転落の騒動(出典:http://metro.co.uk)
304.8メートルという高さから、モデルの若い美女が宙にぶら下がってしまった。命綱も着けていない中、彼女の命はスタッフの男性の右腕ひとつにかかっていた。このほど中東ドバイのある高層ビルで…。

なんとも危険な状況にさらされたのはロシア・サンクトペテルブルク出身のモデルViktoria Odintsovaさん(23)。撮影されたのは、“ねじれタワー”あるいは“インフィニティ・タワー”とも呼ばれるUAEドバイの「カヤン・タワー(Cayan Tower)」であった。湾岸沿いに2013年にオープンした75階建ての超高層ビルで、目下には有名なザ・パーム・ジュメイラが広がっている。

実はこのシーン「人々をあっと言わせてみせる」という強い思いをこめ、意図的に撮影された命懸けのスタントであった。男性スタッフとその腕力を信じて勢いよく壁を蹴り宙に飛び出したViktoriaさん。カメラマンはそんな2人の様子を斜め上から撮影した。

その動画は300万人以上のフォロワーを持つ彼女のインスタグラムにさっそく投稿された。本人は「よくこんなすごいことを達成できたものだと私自身まだ信じられないくらい。この映像を見るたびに手のひらに汗をかいてしまうのよ」と説明。自分で自分を褒めてあげたくてたまらないようだ。だがファンからは批判的なコメントが続出している。命綱を用意しなったことに「死んだらどうするつもりだったのか。あまりにも無知で無謀」「危険行為を煽るようなもの。逮捕がふさわしい」「親の気持ちを考えたら命を粗末にするものではない」との声が圧倒的だ。有名人だからこそ、もっとほかの形でも人々をあっと言わせることができたはず。そこをよく考えてみる必要があったようだ。

向こう見ずな若者が高層ビルで「エイヤッ!」と肝が冷えるような動画を撮影した例はほかにもある。イスラエルではたった8秒のバク宙動画が「コワすぎる!」と話題を呼んだ。地上150メートル、高層ビルの40階からせり出ている梁は幅50cmというなか、少年はバク宙に挑戦。しかし着地でバランスを崩してしまった。親からどれほどの説教をくらったか想像に難くない。

ちなみに2020年に万博開催が予定されているドバイでは、回転式展望台がブルジュ・ハリファを“見下ろす”超高層タワーの完成が待たれている。外壁にはスチールとガラスが多用され、ライトアップにより美しく輝くことになるという。しかし早くもそれに対抗するライバル・ビルが現れるもよう。サウジアラビアのジェッダに建設中の「キングダムタワー(=ジェッダ・タワー)」は167階建ての1007m(尖塔高)。完成は2019年を予定している。

出典:http://metro.co.uk
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)
COPYRIGHT 2007-2014 MEDIAPRODUCTSJAPAN CO,LTD. ALL RESERVED

はてなブックマークに保存

Techinsight

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「モデル」「高層ビル」「ドバイ」「転落」の関連トピックス

「モデル」をもっと詳しく

注目ニュース
「核攻撃手段、発射待機」=人民武力相が威嚇—北朝鮮 時事通信4月24日(月)21時40分
【ソウル時事】北朝鮮国営の朝鮮中央テレビによると、朝鮮人民軍創建85周年を祝う中央報告大会が24日、平壌で開かれた。[ 記事全文 ]
仏大統領選、雨宮キャスターが現地取材 TBS4月25日(火)0時18分
フランス大統領選挙は第1回の投票を終え、39歳の元銀行マンのマクロン候補と、極右のルペン候補が決選投票に進むことになりました。[ 記事全文 ]
3億8000万円、中国の政府職員が公費着服し豪遊、無期懲役に—貴州省 Record China4月24日(月)22時10分
2017年4月23日、澎湃新聞によると、2400万元(約3億8000万円)を超える公費を着服してギャンブルなどに使った貴州省黄平県の財政局…[ 記事全文 ]
神社に「油のような液体を撒く行為は「愛国か、それとも違法か」=中国 サーチナ4月24日(月)15時12分
明治神宮の鳥居や門の柱に油のような液体を撒いた容疑で13日、中国人女性2人に逮捕状が出された。[ 記事全文 ]
米中首脳「脅威の緊急性」確認=北朝鮮は好戦的と批判—トランプ氏 時事通信4月24日(月)23時31分
【ワシントン、北京時事】トランプ米大統領は23日(日本時間24日)に行った習近平・中国国家主席との電話会談で、北朝鮮が好戦的な態度を続けて…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア