崖から落ちた犬を救助しようとした飼い主、150メートル下に滑落して死亡(米)

2月21日(水)5時0分 Techinsight

事故が起こった海岸付近(画像は『ABC7 News 2018年2月19日付「Man falls from cliff, dies while trying to rescue dog in Daly City」』のスクリーンショット)

写真を拡大

米カリフォルニア州サンフランシスコの南に位置するパラセイズ公園内で、60代の男性が150メートルの崖から滑落し死亡した。美しい海岸を見下ろせる散歩道はハイカーに人気で、男性も休日にあたるこの日、犬の散歩で訪れていた。『ABC7 News』『CBS San Francisco』などが伝えている。

サンフランシスコ半島中ほどのデイリーシティ西にあるソーントーンビーチを見下ろせる散歩道で今月19日午前11時半過ぎ、67歳の男性が150メートル下の海岸に滑落した。この日は「プレジデント・デー」で公園内には多くの人が犬の散歩やハイキングに訪れていたが現場付近は風が強く、崖沿いの散歩道は湿った草で非常に滑りやすくなっていたという。男性は先に崖を滑り落ちてしまった飼い犬を助けようとして身を乗り出し、足を滑らせたものとみられている。

目撃者の連絡を受けてサンマテオ郡消防隊が駆け付けたが、男性はすでに死亡しており、遺体はカリフォルニア・ハイウェイ・パトロールのヘリコプターによって近くの駐車場に運ばれた。現在詳しい死因が調査されているという。

国立公園サービス局はこの事故で、「崖から滑り落ちた犬は、途中でなんとか留まることができたために無事救出されました。崖は非常に急で滑りやすくなっています。犬が落ちた場合、自分だけで救出することは危険です。犬は何とか助かるケースが多いのです」とコメントしている。

なお2016年7月には南カリフォルニアで、ゲームアプリ「ポケモンGO」に夢中になっていた2人の男性が崖から転落する事故が発生していた。

画像は『ABC7 News 2018年2月19日付「Man falls from cliff, dies while trying to rescue dog in Daly City」』のスクリーンショット

Techinsight

「死亡」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「死亡」のニュース

BIGLOBE
トップへ