「ブッシュ王朝」を拒否した米世論2つの感情

2月22日(月)11時40分 ニューズウィーク日本版

 大統領選予備選の「第3ラウンド」は、3月1日の「スーパー・チューズデー」の行方を占う意味で、重要な位置づけがある。先週20日、その「第3ラウンド」として、民主党はネバダ州党員集会、共和党はサウスカロライナ州予備選が実施された。

 民主党では、ヒラリー・クリントン候補が下馬評よりはやや優勢の「52.7%」対「47.2%」で、バーニー・サンダース候補を下し、サンダースの勢いはやや鈍った感がある。一方の共和党では、依然としてドナルド・トランプ候補が大差で首位を取り、マルコ・ルビオ候補が2位へと浮上した。

【参考記事】サンダース旋風の裏にある異様なヒラリー・バッシング

 この「第3ラウンド」の大きな動きは、何と言っても共和党内の力関係に変化が生じたことだ。1位になったトランプは、ローマ法王との批判の応酬をしたり、FBIや裁判所の命令に反論中のアップル製品への「不買運動」を呼びかけたりと、相変わらず話題に事欠かない中で、32.5%の支持を集め、2位グループに10ポイントの差をつけて勢いを保っている。その一方で、2位以下のグループでは大きな変化が見られた。

 まず2位に入ったルビオ(22.5%)だが、これはオハイオでの善戦後に「テレビ討論で同じ決めセリフを4回繰り返す」というミスを犯してニューハンプシャーでは大きく後退していたのが、完全に復活したという評価がされている。2位ではあったが、勝利宣言と言っても良い力強い演説には若々しいカリスマ性も感じられ、「共和党主流派のチャンピオン」という座を獲得したのは間違いない。

 テッド・クルーズ候補についてはルビオと約1100票差という僅差の3位(22.3%)で、こちらの演説も「まるで勝ったかのような」力強さにあふれていた。だが、専門家の間では「南部の宗教保守票を固めきれないのでは、スーパー・チューズデーでの善戦は無理」という見方も強く、ほぼ同等の得票でありながら、ルビオとは明暗を分けたという評価が多い。

 問題は3位以下で、ジェブ・ブッシュ(7.8%)、ジョン・ケーシック(7.6%)、ベン・カーソン(7.2%)の3名はいずれも1桁の支持率に沈み、上位3名からは大きく引き離された。そして、序盤戦で大本命という見方もされていた、ジェブ・ブッシュ(前フロリダ州知事)は、この結果を受けて選挙戦の「停止」を表明。事実上、撤退した。

 知名度も政治的実績も抜群のジェブ・ブッシュが、どうしてこのような結果に終わったのだろうか?

 一つには、自分の持ち味をいかすことができなかったという、選挙戦術の問題があるだろう。ジェブは、兄のジョージ・W・ブッシュと比較すると、むしろ父のジョージ・H・W・ブッシュに近い知識人であり、国際感覚も豊富な人物だ。しかしその持ち味を選挙戦を通じて浸透させることはできなかった。

 特に最後のサウスカロライナでは、兄の前大統領夫妻から、元ファーストレディの母親まで動員しての「ファミリー選挙」を繰り広げたが、保守票欲しさの「下心」が見透かされ、空回りに終わっている。最後になって、コンタクトレンズを使ってメガネを外し、「イメチェン」を図ったものの効果はなかった。

 ジェブ敗北の背景には、世論の「ブッシュ王朝への拒否反応」がある。そのような総括ができるだろう。そこには今のアメリカ世論が抱える2つの感情が浮かび上がってくる。

 1つは、リーマン・ショック以来の経済の低迷期、つまり「オバマの8年」だけでなく、911テロから、アフガン・イラク戦争、そしてサブプライムローンのバブル崩壊に至る「ブッシュの8年」について、アメリカの左派だけでなく、保守層も拒否反応を持っているということだ。

 アメリカの保守派が、「オバマの8年」を苦々しく思っているのは言うまでもない。つまり、同性婚がいつの間にか合憲化され、キューバとの国交正常化や移民への救済措置などが既成事実となる「リベラル主導の政治」に対する拒否感がある。さらに景気刺激策などに多額の国費を投入しているにも関わらず、景気と雇用の戻りが遅い現実に対して、心の底から怒りを抱いている。

 では、その前の共和党のブッシュ政権時代は「良かった」と思っているのかというと、それも違う。例えば、トランプの発言は一つ一つを見れば、国際常識に反した暴言だが、イラク戦争への批判や、911が阻止できなかったことへの批判などは、2000年代の「草の根保守」とはまったく異なる立場に立っており、2016年の現在では広範な説得力を持っている。

 この点ではクルーズも、宗教保守派を自認しつつ「中東の国家について、いくらその行動が悪質だからといって、アメリカが侵攻して政権を交代させる戦略はもはや取るべきでない」、つまり「政権交代戦略」は放棄すべきだという主張をしている。こうした主張が左派ではなく、右派から出てきて、保守票の中にも広範な支持が広がっている。これはそのまま、「ブッシュの8年への否定論」となっている。

【参考記事】「暴言トランプ」の正体は、タカ派に見せかけた孤立主義

 2つ目は、さらに「パパ・ブッシュ(ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領)」の時代にまでさかのぼり、「ワシントンのエスタブリッシュメント(支配階層=既成の政界)」への怒りの感情だ。単にイラク戦争とサブプライムのバブルへの批判だけでなく、オバマの8年もダメ、その前のブッシュの8年もダメ、さらにビル・クリントンの時代は良かったが、そのクリントン一家は嫌い、またその前のパパ・ブッシュの4年もいい時代ではなかったと否定している。

 極端に言えばこの28年間のアメリカを支配してきた「ブッシュとクリントン」の2大ファミリー(とオバマ)について「まとめて拒否したい」という心理----トランプを大勝させ、ルビオ、クルーズという若い世代に期待を寄せるという共和党支持者の心情の核にあるのは、そのような感情だ。

 その「エスタブリッシュメントへの怒り」、そして「過去28年への怒り」は、今回はまず「ブッシュ王朝」を潰すという結果で共和党内ではっきりと示された。一方で、民主党の「サンダース躍進」という現象となってヒラリーを苦しめているのも同じ感情であり、ヒラリーは「過去の実績をアピール」する戦術ではなく未来へ向けての政策論へと主張をシフトする必要を迫られている。

 共和党内では、3月1日のスーパー・チューズデーへ向けて、そうした「エスタブリッシュメントへの怒り」という感情を、このままトランプが「追い風」にできるかがポイントとなる。例えば、ルビオが「新世代の本格候補」というイメージで有権者の「過去への怒り」を鎮めながら支持を拡大できれば、選挙戦の構図は大きく変化することもあり得る。

<ニューストピックス「【2016米大統領選】最新現地リポート」>

《筆者・冷泉彰彦氏の連載コラム「プリンストン発 日本/アメリカ 新時代」》

冷泉彰彦(在米ジャーナリスト)

ニューズウィーク日本版

「予備選」をもっと詳しく

「予備選」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ