中国が新鉱物を発見、「セリウムタンタルエシキン石」と命名

2024年2月22日(木)17時30分 Record China

中国地質科学院鉱産資源研究所の研究者が発見・報告した新鉱物「セリウムタンタルエシキン石がこのほど、国際鉱物学連合の新鉱物命名・分類委員会から承認された。

写真を拡大

中国地質科学院鉱産資源研究所の研究者が発見・報告した新鉱物「セリウムタンタルエシキン石(tantalaeschynite-Ce)がこのほど、国際鉱物学連合の新鉱物命名・分類委員会から承認された。科技日報が伝えた。



セリウムタンタルエシキン石は江西省のレアメタルペグマタイトの鉱床から発見されたもので、顕微鏡で観察すると針状、束状、短柱状で、茶褐色もしくは黒色を呈し、長石、マイクロライト、蛍石などの鉱物と共生する。鉱物の成分分析は同研究所電子プローブ実験室で行われた。成分にはタンタルが豊富に含まれる。



自然界でよく見られるエシキン石はニオブやチタンを豊富に含むもので、タンタルを豊富に含むエシキン石は少ない。タンタルは重要なレアメタル元素として、高性能コンデンサ分野や航空・宇宙材料分野で重要な応用を持つ。セリウムタンタルエシキン石が高度に進化したレアメタルペグマタイトに現れるのは、鉱石形成流体にタンタルが豊富に含まれる特徴を示し、タンタル鉱の探査とその鉱物形成作用の研究に対して重要な意義を持つ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

Record China

「鉱物」をもっと詳しく

「鉱物」のニュース

「鉱物」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ