息子をISISの自爆テロに差し出すブラックな父

2月23日(火)16時12分 ニューズウィーク日本版

 ISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)は、シリア北部の都市アレッポ郊外で、ISISの父親が12歳前後と見られる息子を自爆テロに送り出す様子を収めたプロパガンダ動画を公開した。

 23分間の動画は、ISISが2月19日に配信したもの。そのなかで父は、息子のアブ・イマール・アルオマリから、殉教のための作戦や、自動車を使った自爆テロ訓練の内容を確認している。動画には、ISISの兵士がアルオマリに車の運転と爆弾を起爆する方法を教える映像も入っている。

 映像は、アルオマリがアレッポでシリア政府軍に対して自爆テロを実行したことを示唆する遠目の場面で終了する。

「この自爆テロが、ぼくの最高の瞬間になることを願っている」と少年は事前にカメラに向かって語りかけ、自爆テロを実行するのは父親に説得されからだと述べる。

 タイムズ・オブ・イスラエル紙に引用されている翻訳によると、父は息子の今回の任務についてこう語っているという。「息子の幸福を案じる父親は、地獄の業火から我が身を救うことを許さない」

ISIS支配下で民間人犠牲者1万9000人の地獄、国連報告書

今年死んだ子供は少なくとも21人

 米陸軍士官学校(ウエストポイント)のテロ対策センター(CTC)は2月18日、ISISは「前例のない勢いで次々に子供や若者を投入している」とする内容の報告書を発表した。

 報告書によると、ISISの指導者たちは、少年たちを長期的な視野で大人の戦闘員に育てるという。ただし、逃亡しかねない少年の場合は、「更生と再教育が急務」になる場合もあるという。

 CTCによると、2015年1〜7月にかけて、ISISは少なくとも21人の子供に自爆テロをさせた。

ISIS信奉者が「仲間に入れ」とミス・イラクを脅迫

 ISISはプロパガンダ映像のなかで、スパイとして捕まった人質の処刑にも子供を使ってきた。2014年にイラクからシリアにかけての地域を「カリフ(ムハンマドの後継者)の国)」と宣言したISISは、これらの子供たちを「カリフの子」と呼んでいる。

ジャック・ムーア

ニューズウィーク日本版

「ISIS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ