BIGLOBEトップBIGLOBEニュース
国際

野犬に噛まれ死亡したと思われた少年、葬儀の途中で息を吹き返す(印)

Techinsight2月26日(日)22時0分
画像:命を落としたと思われた少年、葬儀中に息を吹き返す(出典:http://www.mirror.co.uk)
写真を拡大
命を落としたと思われた少年、葬儀中に息を吹き返す(出典:http://www.mirror.co.uk)
このほどインドのとある村で、亡くなったと思われた少年が再び息を吹き返し家族や友人、村人を驚かせた。英『Mirror』や印『Times of India』などが伝えている。

インド・ダーワッドのマナガンディ(Managundi)村に暮らす17歳の少年クマル・マレワッドさん(Kumar Marewad)は、1か月前に野犬に噛まれたことから感染症を起こした。

高熱が下がらず、家族はクマルさんを地元の病院へ連れて行ったが容態は悪化する一方で、人工呼吸器を装着しないと自力で呼吸ができないという状態にまでなってしまった。医師から「息子さんが助かる見込みは低い。このまま生命維持装置の装着を続けるかどうかは家族で判断してほしい」と告げられたクマルさんの家族は、息子を自宅へ連れて帰ることを決意した。

医師によると、この時クマルさんは犬に噛まれた傷から感染症を起こし、それが体内に広がって髄膜脳炎を起こしていると推測されていた。クマルさんは貧しい家庭で育っており、家族を支えるために学校を辞めて工事現場での仕事をしていたという。

一家の大黒柱となっていた息子が虫の息となり、家族は悲しみのもと自宅へ連れて帰ったが、しばらくしてクマルさんは動きが止まり呼吸をしなくなった。親族はクマルさんが亡くなったのだと信じて、村人たちに葬儀の準備の協力を仰いだ。

そして遺体を2キロ離れた葬儀場所まで運んでいた最中にクマルさんは突如目を覚まし、息を吹き返したのである。手足を動かすクマルさんを見た家族や村人、友人たちが驚いたのは言うまでもない。

なお、昨年は中国で「何人自分のために泣いてくれるか知りたかった」と偽の葬儀を企画した66歳のニュースが伝えられたが、「死んだ」と思った人が生きているのを知った時ほど衝撃的なことはないだろう。周りを驚かせたクマルさんは、すぐに病院へ搬送され現在も人工呼吸器を装着して入院中だという。予断は許さない状況であれど、なんとかして回復してくれればと家族は祈っているようだ。

出典:http://www.mirror.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)
COPYRIGHT 2007-2014 MEDIAPRODUCTSJAPAN CO,LTD. ALL RESERVED

はてなブックマークに保存

Techinsight
この記事のトピックス

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「インド」をもっと詳しく

注目ニュース
カール・ビンソンを「太った動物」…北が論説で 読売新聞4月24日(月)8時55分
【ソウル=宮崎健雄】ラヂオプレス(RP)によると、23日付の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は論説で、米国が朝鮮半島近海に向けて派遣した空母「カール・ビンソン」を「単なる太った動物」と呼んだ。その上で「一撃で水葬する準備を整えた」と米国をけん制した。[ 記事全文 ]
日韓国交断絶によって生じる日本側のメリットとは NEWSポストセブン4月23日(日)7時0分
毎度、国家間の約束事を反故にする韓国は、いま慰安婦に関する日韓合意すらもなかったことにしようとしている。[ 記事全文 ]
日本人がある食べ物で表現した韓国のマンションの第一印象に、韓国ネットも納得「否定できない」「あまりにそっくりで鳥肌」 Record China4月24日(月)10時10分
2017年4月24日、このほど韓国のインターネット掲示板に「韓国のマンションに対する日本人の第一印象」と題したスレッドが立った。[ 記事全文 ]
北朝鮮の特殊部隊 日本にとっては弾道ミサイルよりも脅威 NEWSポストセブン4月23日(日)7時0分
北朝鮮を巡る緊張が日増しに高まっている。もしアメリカとの武力衝突が起これば、その影響が日本に及ぶ可能性も十分にある。[ 記事全文 ]
米国務省「国民保護は最優先」…北が米国人拘束 読売新聞4月24日(月)10時26分
【ワシントン=大木聖馬】米国務省は23日、北朝鮮を訪問していた韓国系米国人が北朝鮮当局に21日に拘束されたとの報道を巡り、「報道には留意している」との声明を発表し、確認作業を進めていることを示唆した。同省は「米国民の保護は国務省の最優先事項の一つだ」と指摘。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア