中国のスキー場、世界の3分の1占める—中国メディア

2月27日(水)5時30分 Record China

中国のスキー場の数は世界の総数の3分の1を上回るまでとなっている。資料写真。

写真を拡大

北京冬季五輪が2022年に開催されることで、氷雪スポーツに対する中国人の熱意がますます高まっている。中国のスキースポーツが急成長を遂げるなか、いかにより良くスキー場を経営し、スキーヤーのニーズを満たし、スキーヤーの体験を充実させるかは、業界の間で関心の高い話題となっている。このほど開催された「2019年ISPO消費者スキーレンタルの新体験をめぐるシンポジウム」において、専門家は「より多くの顧客を獲得する鍵となるのは、消費者の体験をより楽で簡便なものとすることに尽きる」と指摘した。中国経済網が伝えた。

「2018年中国スキー産業白書」によると、2000年の時点で、中国にあるスキー場の総数はわずか50カ所で、スキーヤーの数は延べ30万人にとどまった。だが、2018年になると、スキー場の数は742カ所、スキーヤー総数は延べ2113万人に増えた。現在、中国のスキー場の数は世界の総数の3分の1を上回るまでとなっている。業界関係者は「スキー産業の発展スピードと照らし合わせると、中国は『氷雪スポーツ人口3億人』という目標にますます近づいている」とコメントした。

「2018年中国スキー産業白書」の統計データによると、中国のスキー場はほぼ全て黒竜江・山東・河北など北方の省に集中しており、北方の省のスキー場が全国の約85%を占めている。一方、南方の氷雪関連マーケットも依然、極めて大きな発展空間を備えている。2018年、氷雪関連産業の各種データはいずれもある程度増加したが、増加幅は、スキーヤー総数(延べ人数)の成長率には及ばない。氷雪関連産業マーケットは現在、供給が需要に追いつかない状態にあり、開発価値とその可能性が極めて大きな産業と言えるだろう。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ