2017年の中国人海外旅行者数は延べ1億3000万人超、消費額1000億ドル以上—中国メディア

3月3日(土)21時0分 Record China

2017年に海外旅行をした中国人は延べ1億3051万人、前年比7.0%増。中国は世界トップの観光客の送り出し国としての座を維持した。写真は日本の観光地。

写真を拡大

中国観光研究院と携程旅遊集団は1日、「2017年中国海外旅行ビッグデータ報告」を共同で発表した。報告によると、2017年に海外旅行をした中国人は延べ1億3051万人、前年比7.0%増。中国は世界トップの観光客の送り出し国としての座を維持した。2017年、中国人の海外旅行における消費総額は、2016年比5%増の1152億9000万ドル(約12兆3000億円)に達した。中国新聞社が伝えた。

報告の概要は以下の通り。

中国はいまでは、タイや日本、韓国、ベトナム、カンボジア、ロシア、モルジブ、インドネシア、朝鮮、南アフリカの10カ国にとって最大の観光客の送り出し国となっており、これら10カ国を訪れる外国人観光客のうち中国人観光客が占める割合は、最高で30%に達している。また、中国は、米国やアラブ首長国連邦、英国、ニュージーランド、フィリピン、スリランカ、カナダなどの各国にとっても、重要な送り出し国となっている。中国は2017年、南極を訪れる観光客数が世界2位の国となった。

携程が主催するパックツアーおよび個人旅行に関する計データによると、2017年の1人当たりの海外での消費額が最も高かった中国人観光客の居住地トップ10は、順に、北京、上海、蘇州、温州、瀋陽、長春、大連、青島、貴陽、済南。彼らが、海外ツアー商品や自由旅行商品の購入に費やす金額も、全国ランキングで上位に入っている。

中国人観光客の海外旅行スタイルは、もはや「観光ばかり」あるいは「爆買い」だけではなくなった。従来のツアー商品や海外旅行方式だけでは、顧客のニーズを満たすことはますます難しくなってきている。彼らは、より馴染みのない異郷の都市に数日間滞在し、現地住民のライフスタイルを体験することを希望するようになっている。

「香港でヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンを接種」や「フィンランドでオーロラ鑑賞」、「米国国道1号線を自転車で疾走」、「アフリカでハンター体験」、「ニュージーランド・モルドール国でロマンチックな結婚式」、「大邸宅ダウントン・アビーで貴族の生活を体験」などが、「2017年海外旅行での新たな楽しみ方トップ10」にランクインした。

2017年、中国人観光客に最も人気が高かった旅行目的先国トップ20は、順に、タイ、日本、シンガポール、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、米国、韓国、モルジブ、カンボジア、ロシア、アラブ首長国連邦、イタリア、フランス、オーストラリア、スペイン、ドイツ、英国、スリランカだった。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

BIGLOBE
トップへ