テスラが中国で全シリーズ値下げ、激しさ増す新エネ車の競争—中国メディア

3月7日(木)6時50分 Record China

自ら話題を振りまき、常に注目の的の米電気自動車(EV)大手テスラは、ここ2日間にもまた世間の注目を集めている。中国で全シリーズ車を値下げし、値下げ幅は最大で34万元(約544万円)になると発表したのだ。写真はテスラのModel X。

写真を拡大

自ら話題を振りまき、常に注目の的の米電気自動車(EV)大手テスラは、ここ2日間にもまた世間の注目を集めている。中国で全シリーズ車を値下げし、値下げ幅は最大で34万元(約544万円)になると発表したのだ。それだけでなく、最も「安価」なスタンダードモデル「Model 3」の発売も開始した。価格はわずか20万元(約320万円)ほどだという。一連の動きを受けて自動車業界は騒然としている。業界の予測では、「値下げ後のテスラが、中国独自ブランド車の市場シェアを極めて大きく奪う可能性がある」という。また、今年の新エネルギー自動車に対する補助金政策がまもなく打ち出され、中国の新エネ車市場は競争が激化する見込みで、真の実力が試される時代に入ることになりそうだ。北京日報が伝えた。

■発売5日で20万元の値下げ

テスラは2月22日、入門モデルの3を中国市場で発売した。3月1日には、全シリーズを大幅に値下げすると発表し、3は2万6000〜4万4000元(約41万6000〜70万4000円)の値下げになり、「Model S」は1万1300〜27万7500元(約18万〜444万円)、「Model X」は17万4500〜34万1100元(約279万〜545万円)の値下げになるとした。値下げ幅最大は「Model X P100D」の34万1100元だ。ネットユーザーからは、「株を買うより車を買う方がドキドキする。値下げの波が本当に突然やって来る」といった声も上がっている。

テスラによると、スタンダード車種のモデル3は発売を開始しており、米国市場での販売価格は約3万5000ドル(約392万円)からで、人民元にして約23万元に相当するという。

■懸念:実力差をどうやって埋めるか

テスラはこれまずっと100万元(約1600万円)以上する高級車というイメージだったが、今では23万元出せば乗って家に帰れる手軽なものになった。ネットユーザーからは、「20万元のテスラが出てきたら、中国独自ブランドはどうやって生き延びたらいいんだ」といった声が上がっている。

自動車情報サイト・汽車之家の創業者・李想(リー・シアン)さんは、「好調な日々はまもなく終わる」という。現在、多くの新エネ車企業は自社のEVの性能を大々的に宣伝しているが、実際の航続距離はそれより短い。こうしたズレは最も消費者からEVについて多く指摘されている点だ。また、航続距離のズレだけでなく、テスラは中国自動車メーカーと異なる販売モデルを採用している。中国の新参メーカーの多くが費用をかけて豪華なオフライン店舗を構えるのに対し、テスラは世界規模で販売スタイルをオンライン販売に切り替え、自動車価格を平均約6%引き下げた。北米地域の消費者は携帯電話でわずか1分ほどでテスラを買うことができ、この方法は世界市場でも急速に普及しつつある。

業界関係者は、「中国ブランドがテスラの位置づけ、営業販売理念に追いつこうとすれば、投資と時間が必要だ」と指摘する。

■期待:値下げで販売量低迷を打破

2018年には中国で新エネ車の生産台数が127万台、販売台数が125万6000台に達し、前年比増加率は生産が59.9%、販売が31.7%だった。新エネ車は生産が9万1000台で同113%増加し、販売が9万6000台で同138%増加した。補助金政策の後退や合弁企業や外資系企業の進出にともない、中国新エネ車市場は真の実力が試される時代に入った。

中国自動車工業協会の董揚(ドン・ヤン)常務副会長はこのほど、「新エネ車の補助金政策がまもなく登場し、地方での補助金政策も重要な調整が行われ、車から電気への補助金に変わっていく。一方で、消費者にとっては、市場に登場するEVの選択肢がますます増えることになり、たとえばフォルクスワーゲン(VW)は今年、中国市場で新エネ車6車種を発売する計画だ。

注意しなくてはならないのは、テスラの値下げは中国国内での販売量低迷と無関係ではないことだ。テスラの18年決算をみると、テスラにとって世界2位の市場である中国市場での収入は17億5700万ドルで、前年比15.4%減少している。

小鵬汽車の何小鵬(ホー・シャオポン)会長は、「テスラの中国での競争力は高く評価されすぎている。テスラの毎年の中国での販売データや成長率は、米国市場と比べると大きな開きがある。とはいえ、新しいModel 3は従来型自動車のスマート車への転換をよりよく理解させ、よりよく推進するとみられる。今後2〜10年間、従来型自動車メーカーのガソリン車はスピードを上げて減少するだろう」との見方を示した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ