トヨタの新型MIRAIで、日本はいよいよ「水素時代」に入った 

3月8日(月)11時12分 サーチナ

中国のポータルサイトに、トヨタが新型の燃料電池車をリリースした日本では本格的な「水素時代」の幕が開けたとする記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)

写真を拡大

 中国のポータルサイト・百度に5日、トヨタが新型の燃料電池車をリリースした日本では本格的な「水素時代」の幕が開けたとする記事が掲載された。

 記事は、資源が乏しく石油資源の90%を輸入に依存している日本は常にエネルギーに対する危機意識を持っており、1970年代より水素エネルギーの発展計画の制定を始めていたと紹介。自動車分野の水素エネルギー利用では欧米が主に商用車向けの技術を開発してきたのに対し、日本は乗用車の開発に取り組み続けているとした。

 そして、トヨタが昨年12月に2代目となる燃料電池車MIRAIを発表、141リットルの水素を注入でき、航続距離は850キロを実現したほか、水素の充填に必要な時間はわずか3分間と、電気自動車よりもはるかに短いと伝えた。

 また、日本には現在140以上の水素ステーションが設置されており、世界で最も多い数であると説明。一方で燃料電池車の価格はまだまだ高く、MIRAIも日本での定価が710万円となっているとした上で、日本政府から出される補助金により実際の費用は500万円程度となり、クラウンの最低価格と同水準になることから「受け入れられる可能性はある」と解説している。

 記事は、日本で近年燃料電池車に関連した動きがしばしば起きており、日本がすでに「水素エネルギー時代」に入ったことを表していると紹介。現時点では水素エネルギーの普及に向けて様々な課題が残っているものの、そのポテンシャルは非常に高く、今世紀ごろには世界規模で「水素エネルギー経済」の時代が到来する可能性があるとした。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

サーチナ

「水素」をもっと詳しく

「水素」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ