母親を斬首した18歳 「そういう気分だったから殺った」(米)

3月10日(金)23時31分 Techinsight

母親を斬首した18歳(出典:http://www.charlotteobserver.com)

写真を拡大

米ノースカロライナ州で18歳の男が35歳の母親の頭部を肉切り包丁で切断するというなんとも陰惨な事件が発生した。静かな田舎町で起こったショッキングな殺人事件に大きな波紋が広がっている。『abc11.com』など複数のメディアが報じている。

今月6日午後12時45分ころ、ノースカロライナ州フランクリン郡保安官事務所に「自宅で母親を殺した」との通報があった。駆け付けた保安官が目にしたのは、片手に母親の首を、もう一方の手に肉切り包丁を持って家の前に佇む18歳のオリバー・フーネス・マチャドだった。オリバーは抵抗する様子もなく第一級殺人罪で逮捕されたが、あまりにも異様な光景に現場は凍り付いたという。その後、母親の頭部から下の部分は自宅の台所付近で発見されている。

フランクリン郡保安局長テリー・ライト氏は「あまりにも惨たらしい事件に保安官、家族、そしてコミュニティのショックは相当なものです。なぜこのような悲劇が起きてしまったのか、解明するには相当の時間が必要になるでしょう」と会見で語っている。ライト氏によると、殺害されたヤセニアさんにはオリバーの他3人の子供がおり、事件当時自宅にいた2歳と4歳の2人は無事だった。またもう1人(14歳)は学校に通っており、3人とも一緒に暮らしていた父親に預けられた。

その後の調べでオリバーはホンジュラス国籍を持っており、アメリカには違法滞在していたことがわかっている。また、911コールの際に電話越しで「母親を8回刺した。ナイフは口に刺したまま残してある。そういう気分だから殺った」と淡々と話していたことも明らかになっており、現在は精神鑑定が行われているもようだ。

近所に住むレオナ・スミスさんは「事件後、小さな2人の子供が庭で泣き叫んでいるのを目にしました。もうそれだけで胸が張り裂けるような思いです」と語っている。

また斜め向かいに住むランディ・マリンズさんは「25年もここに住んでいるけど、こんなことは初めてです。あの家族が引っ越してきたのは昨年の6月ごろだったと思います。話したことはありませんがフレンドリーな感じでしたよ」と述べている。さらに「逮捕されるところを見ましたが、無表情でした。悲しいとか、泣くとかそういった感情を一切持ち合わせていないような感じでしたよ」とコメントしている。

なお、身近な人を斬首するという恐ろしい事件はインドでも起きている。マディヤ・プラデーシュ州のある村では、妻の浮気を疑った夫がその首を切断。男はその首をもって8キロも歩き回り緊急逮捕されている。また、ロシアでは16歳の少年がガールフレンドの浮気相手の男性を斬首し、その頭部を彼女の元に送り付けるという異様な事件も起こっていた。

出典:http://www.charlotteobserver.com

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

切断をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ