世界中で電気自動車の販売台数が急増、中国メーカーが強い存在感を見せる—中国メディア

3月11日(月)6時30分 Record China

4日、中国の自動車情報サイト・汽車之家が、電気自動車の分野で中国メーカーが存在感を見せているとする記事を掲載した。写真は中国の電動シェア自動車。

写真を拡大

2019年3月4日、中国の自動車情報サイト・汽車之家が、電気自動車の分野で中国メーカーが存在感を見せているとする記事を掲載した。

記事は、EV Salesが最近発表した世界の電気自動車販売台数について紹介。今年1月の世界の電気自動車の登録台数は15万3695台となり、昨年同期比で83%増となった。このうち、完全電気自動車(BEV)の販売台数は前年比143%増となったという。

車種別にみると、比亜迪(BYD)の「元新能源」が1万93台を販売し、今年1月の販売台数トップとなった。宝駿の「E100」が8312台で第2位となり、いずれも中国メーカーだった。これまでずっと月間販売台数1位だったテスラのModel3は、1月は7277台で4位に順位を落としている。

記事は、1月の電気自動車販売台数で注目に値する点として、「上位20車種のうち中国ブランドが13車種ランク入りしており、65%を占めた」ことだと紹介。このうち、比亜迪の「元EV」、宝駿の「E100」、比亜迪の「唐新能源」、吉利の「帝豪GSe」、長城の「欧拉iQ」などは過去最高の売上台数を記録したという。

メーカー別では、比亜迪が2万8189台で1月の販売台数トップとなり、上汽が1万4721台で2位、テスラが3位、これまで5位以下だった日産が1月は7699台を販売して4位に入ったと伝えた。

また、1月の販売台数上位20社を見ると、11社が中国メーカーだと記事は紹介。「EV Salesの統計データから、電気自動車市場では中国の自動車メーカーが強烈な存在感を示していることが分かる」と結んだ。(翻訳・編集/山中)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ