愛国映画「すごいぞ、わが国」がドキュメンタリー最高ヒット作に、組織的な観客動員も大きく—中国

3月14日(水)11時10分 Record China

13日、中国映画「すごいぞ、わが国」(Amazing China)の興行収入が2億元(約34億円)を突破し、中国で最もヒットしたドキュメンタリー映画となっている。

写真を拡大

2018年3月13日、中国映画「すごいぞ、わが国」(Amazing China)の興行収入が2億元(約34億円)を突破し、中国で最もヒットしたドキュメンタリー映画となっている。人民網が伝えた。

航空母艦「遼寧」やステルス戦闘機「J20」など話題の武器を見せるなど、ここ5年間の中国の発展ぶりにスポットを当てたドキュメンタリー映画「すごいぞ、わが国」は今月2日、全国人民代表大会(全人代)と全国政治協商会議(政協)の開催に合わせて封切られた。この愛国映画の興行収入がこのほど、2億4000万元(約40億円)に達したことが明らかに。従軍慰安婦を取り上げた昨年の映画「二十二」の記録を抜き去り、中国で最もヒットしたドキュメンタリー映画となっている。

人民網では、映画情報サイト「猫眼電影」のデータに基づき、「見たい」とするユーザーの55.5%が20〜29歳の若い世代だと紹介。映画の封切り後に人気ユニットTFBOYSや、韓流男性グループEXOの中国人メンバー・レイ(張芸興/チャン・イーシン)ら若者に人気の芸能人たちが、SNSを通じて称賛したことも注目される要因になっていると紹介している。

しかし、米華字メディアの大紀元では、北京市や鄭州市にある映画館に電話インタビューを行った結果、政府機関や国営企業などがチケットを団体購入しているケースがほとんどだったと報道。組織的な観客動員もかなり行われているようだ。(翻訳・編集/Mathilda)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ