10年来で最強の黄砂、19日にも再び発生の見込み=中国共産党「われわれに対する警鐘だ」—仏メディア

3月17日(水)14時30分 Record China

16日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、中国北部に襲来しているこの10年で最も強いとされる黄砂について報じた。

写真を拡大

2021年3月16日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、中国北部に襲来しているこの10年で最も強いとされる黄砂について報じた。
記事は、15日に中国北西部で発生した黄砂が西は新疆ウイグル自治区のトルファンから東は黒龍江省の大慶、吉林省の長春に至るまで3000キロ近くにわたって広がり、甘粛省の嘉峪関では現地時間15日午前10時にPM10濃度が1立方メートル当たり9985マイクログラムに達し、北京市中心部で8000マイクログラムを超えたと紹介。16日には江蘇省、安徽省などでも黄砂が確認されたと伝えた。
また、19日から20日にかけて大陸の寒気の活動が活発になり、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区などの一部地域で黄砂が再び発生する見込みであるものの、15日に黄砂よりは弱いとする中国気象局の担当者の見解を紹介している。
記事は、中国政府の取り組みにより、中国で毎年発生する黄砂は以前に比べていくらか改善しているとする一方、今回10年来で最強の黄砂が襲来したことで社会における議論を呼び起こしたと紹介。中国共産党中央規律委員会国家監察委員会のウェブサイトが16日に黄砂を「われわれに対する警鐘」とし、砂漠化の防止にさらなる努力が必要だとする文章を掲載したと伝えた。(翻訳・編集/川尻)

Record China

「共産党」をもっと詳しく

「共産党」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ