空き巣に入った男、身を隠すも足が臭すぎて見つかり逮捕(中国)

3月20日(火)21時13分 Techinsight

足が臭すぎる男が隠れていたベッド(画像は『中警安徽 2018年3月1日付 微博「小偷脱鞋入室盗窃 因脚臭惊动房主被抓!」』のスクリーンショット)

写真を拡大

このほど中国で空き巣に入った男がSNS上で話題になっている。男は入念な計画を立て指紋や靴跡も残さぬよう慎重に侵入したが、ただ一つ大きな抜けがあったため逮捕されてしまった。『South China Morning Post』『WORLD OF BUZZ』などが伝えている。

今月4日の夜、安徽省含山県林頭鎮の住居に空き巣に入った男(名前は伝えられていない)が逮捕された。住民が留守にしているのを見計らって男は自分の痕跡を残さないように手袋をはめ、靴を脱いで住居に侵入した。

ところが金品を物色している矢先、この家の住人が帰ってきたのだ。気配を感じた男は慌てふためきながらベッドの下に身を隠した。住人に気付かれないままやり過ごして、うまく逃げ切りたいと願ったのであろう。

しかし住人はすぐに異変に気付くこととなる。家中に悪臭が漂っていたのだ。この悪臭がどこからくるのか不思議に思いながらも臭いの元を辿っていったところ、ベッドの下に隠れている男の足からだった。住人はすぐさま警察に連絡し、含山県警察の手により男は逮捕されることとなった。

身元が割れないように靴を脱いで侵入した男だったが、それがかえって仇となり、靴から解放された足の悪臭は彼自身の存在を露わにしてしまったようだ。

地元警察が中国のSNS『微博』にこの事件について投稿したところ、多くのユーザーが驚くこととなった。ほとんどのユーザーが空き巣被害に遭った住人へ「泥棒の居場所が突き止められるほど臭い思いをしたのか」といった別の意味で同情を寄せ、またあるユーザーは冗談交じりに「同じ留置場に入れられた者にとって悪夢だろうな」とコメントしている。

今回、被害に遭った住人は市民に対して、外出時には必ず窓や玄関の鍵をかけ、自宅に貴重品などを置きっぱなしにせず安全対策を強化することを勧めている。

画像は『中警安徽 2018年3月1日付 微博「小偷脱鞋入室盗窃 因脚臭惊动房主被抓!」』のスクリーンショット

Techinsight

「空き巣」をもっと詳しく

「空き巣」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ