BIGLOBEトップBIGLOBEニュース
国際

第二の「君の名は。」誕生なるか、日本と中国が合作映画の製作協定締結を加速へ—中国メディア

Record China3月21日(火)9時20分
画像:19日、中国メディアの信報網は、萩生田光一官房副長官が中国政府関係者との間で、日中合作映画の製作協定締結を加速させることで合意したと伝えた。写真は映画「君の名は。」。
写真を拡大
19日、中国メディアの信報網は、萩生田光一官房副長官が中国政府関係者との間で、日中合作映画の製作協定締結を加速させることで合意したと伝えた。写真は映画「君の名は。」。
2017年3月19日、中国メディアの信報網は、萩生田光一官房副長官が17日に北京を訪問し、中国政府関係者との間で日中合作映画の製作協定締結を加速させることで合意したと伝えた。

萩生田光一官房副長官は、日中国交正常化45周年の記念イベントに出席するため、17日に北京入りした。滞在は3日間を予定しており、文化交流を通して両国関係の改善を図る狙いだという。

記事は、昨年12月に日中合作映画の製作協定について両国間で協議が始まったことを紹介。萩生田官房副長官は、映画産業の海外展開に関する検討会議の議長を務めており、訪中前に日本映画の輸出と映画の共同制作に関する協定の締結交渉を加速させたい考えを示していた。

萩生田官房副長官は、17日に北京市内で行われた国家新聞出版広電総局の童剛(トン・ガン)副局長と会談で、日中合作映画の製作協定締結を加速させることで合意した。その後萩生田官房副長官は、中国文化部の丁偉(ディン・ウェイ)副部長とも面会し、文化交流を深め日中関係を強化していくことで意見が一致したという。

中国国内では、外国から輸入される映画については配給数に厳格な制限があるものの、合作映画には適用されず、国内映画と同様に扱われる。そのため、日中合作映画の製作協定が締結されれば、日本の映画業界の中国市場進出を促進することになる。

萩生田官房副長官会談で、「君の名は。」が昨年中国でも大ヒットしたことに言及し、「日本映画が中国で上映されることに期待したい」と語ったという。これに対して童剛副局長は、映画を通して相互理解が深まることを希望すると答えたという。(翻訳・編集/山中)
Copyright 2017 Record China. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「中国」「映画」「メディア」「君の名は。」の関連トピックス

「第二の「君の名は。」誕生なるか、日本と中国が合作映画の製作協定締結を加速へ―中国メディア」の関連ニュース

注目ニュース
「もう素直に日本が好きだと言おうよ」=訪日旅行の韓国人がまた大幅増で、韓国ネットが本音を吐露 Record China4月26日(水)8時40分
2017年4月25日、韓国・聯合ニュースによると、日本を訪れる韓国人観光客が昨年に比べ大幅に増加している。[ 記事全文 ]
本当に気持ち悪い!女性が食べていたフルーツケーキの中から「変な毛」—中国 Record China4月25日(火)23時30分
2017年4月25日、中国のポータルサイト・新浪によると、広東省深セン市で女性が購入したケーキの中に入っていた「毛」が物議を醸している。[ 記事全文 ]
借金返せず裸の写真公開…「裸ローン」苦に女子大生が自殺—中国 Record China4月16日(日)0時0分
2017年4月14日、ミン南網は記事「学生ローン地獄に陥った女子大生がホテルで自殺、57万元の借金でヌード写真を担保に」を掲載した。[ 記事全文 ]
日本に旅行する中国人に告ぐ、これを知らないと悲惨なことになる!—中国メディア Record China4月26日(水)9時30分
日本の外務省は中国人観光客の訪日を促すことを目的として、中国人に対するビザ発給要件を5月8日から緩和する。[ 記事全文 ]
北朝鮮の自制は中国のおかげ?中国外交部の回答が笑い誘う Record China4月26日(水)10時0分
2017年4月25日、北朝鮮の朝鮮人民軍創建85周年の記念日に当たる同日、北朝鮮は東部の元山(ウォンサン)付近で大規模な砲撃演習を行ったが…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア