鼻の清潔、非常時における重要な感染対策に—中国メディア

3月23日(月)6時0分 Record China

鼻は人類の呼吸器の入口だ。こまめに手洗いをしマスクをつける新型肺炎の非常時において、鼻の清潔を忘れてはならない。写真は韓国のマスク。

写真を拡大

鼻は人類の呼吸器の入口だ。こまめに手洗いをしマスクをつける新型肺炎の非常時において、鼻の清潔を忘れてはならない。北京日報が伝えた。

■洗う頻度は?

北京大学第三病院薬剤科主管薬剤師の王海●(ワン・ハイイン、●はさんずいに瑩)氏は、1日1回洗うよう提案した。

■何で洗う?

多くの人の場合、体温に近いお湯で洗浄すれば良い。温度が高すぎる、または低すぎると、鼻腔粘膜を刺激し不快感が生じやすい。

慢性鼻炎の患者、特に鼻づまりの深刻な人は塩水を選ぶ。塩水は鼻腔組織のむくみを改善し、粘膜の膨らみを抑えることができるからだ。自宅で鼻を洗う塩水を作る方法は簡単だ。通常は自宅で使うコップ(容量約300ミリリットル)1杯の水に小さじ1、2杯(1杯は約2−3グラム)の塩を入れ、均等に混ぜるといい。塩分が高すぎると鼻腔が乾燥し、深刻な場合は粘膜が損傷し出血することもあるため、塩の加減には注意が必要だ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

Record China

「清潔」をもっと詳しく

「清潔」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ