新型肺炎との闘い、中国パンダセンターに世界の協力機関から激励—中国メディア

3月23日(月)22時40分 Record China

新型コロナウイルス感染による肺炎が発生して以来、中国内外の関連協力機関から中国ジャイアントパンダ保護研究センターに防護用品が送られた。

写真を拡大

中国ジャイアントパンダ保護研究センターによると、新型コロナウイルス感染による肺炎が発生して以来、中国内外の関連協力機関から防護用品が送られ、当センターの感染症予防・抑制の取り組みに精神的な励ましと物質的な支援を与えてくれた。人民網が伝えた。

感染症に直面する中、ロシアのモスクワ動物園はかわいらしいパンダがマスクをつけたイラストのポスターを作成し、「ウイルスは隔離しても、愛は隔離できない」とのメッセージを添えた。また、ポスターを円形のステッカーにして、スタッフのユニフォームに張るようにし、同センターへの祝福と激励の気持ちを表した。

東京にある上野動物園は感染症の影響でしばらく休園しており、「みなさんとともに新型コロナウイルスに打ち勝ちたい」としている。韓国の三星愛宝楽園(サムスン・エバーランド)、フィンランドのアフタリ動物園など、海外の協力機関からも相次いで祝福の動画メッセージが送られ、同センターの感染症対策への関心と成功を願う気持ちが示された。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ