中朝貿易、1〜2月は3割減…国境封鎖が影響

3月24日(火)18時51分 読売新聞

 【北京=中川孝之】中国の税関当局が23日発表した貿易統計によると、中国と北朝鮮の1〜2月の貿易総額は前年同期比29・5%減の2億807万ドル(約230億円)に落ち込んだ。北朝鮮が新型コロナウイルス流入を防ぐため、1月下旬から中国との貿易を停止したことが影響した。

 特に、中国の輸入が71・9%減の1067万ドル(約11億8000万円)と大幅に減った。中国は昨年、国連安全保障理事会の制裁の対象外である時計などの輸入を増やしていたが、北朝鮮の外貨不足に拍車が掛かりそうだ。

 米政府系放送局「ラジオ自由アジア(RFA)」(電子版)は23日、北朝鮮当局が国内の貿易業者に対し、船舶による貿易を許可する内部指針を17日に伝えたと報じた。国連制裁は、船から船へ石油や海産物を受け渡して密輸することを禁じているが、北朝鮮はこうした密輸を黄海上などで行ってきた。内部指針を受けて、今後はこうした密輸が活発化する可能性がある。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「貿易」をもっと詳しく

「貿易」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ