「韓流」イメージダウン、韓国芸能事務所の株価暴落、韓国スターの疑惑による負の連鎖—中国メディア

3月25日(月)8時0分 Record China

韓国のアイドルグループ「BIGBANG」の元メンバー、V.I(スンリ)をめぐる一連の疑惑は、韓国社会に衝撃を与え、「韓流」そのもののイメージを深く傷つけた。さらに、韓国芸能事務所の株価も暴落している。22日、環球網が伝えた。

写真を拡大

韓国のアイドルグループ「BIGBANG」の元メンバー、V.I(スンリ)をめぐる一連の疑惑は、韓国社会と芸能界に衝撃を与え、さらに「韓流」そのもののイメージを深く傷つけた。さらに、韓国芸能事務所の株価も暴落している。2019年3月22日、環球網が伝えた。

記事はまず、米CNNの22日付の記事を引用し、「Kポップの危機、スキャンダルは『韓流』を終わらせ、『毒々しい男らしさ』の文化を露呈させた」と伝えた。さらに、「韓国芸能産業は世界で巨大な影響力を持っていたが、同国スターのスキャンダルにより、『韓流』の影響力は以前のようには戻らないという考えもある」とした。

記事によると、今月20日までにV.Iの一連の疑惑を受け、YGエンターテインメント、JYPエンターテインメント、SMエンターテインメント、CUBEエンターテインメント、FNCエンターテインメントの韓国5大芸能事務所の時価総額は約6000億ウォン(約600億円)近く失われた。さらに、YGエンターテインメントとSMエンターテインメントの株式をそれぞれ6%と8%保有する韓国国民年金の保有持分の価値は332億ウォン(約33億2000万円)減少した。

記事は、「V.Iが所属していたYGエンターテインメントの株価下落率が最も大きい」と伝えた。V.Iの性接待疑惑に関する捜査が本格的に始まった2月25日から、同社の株価は24.8%下落し、時価総額は2000億ウォン(約200億円)も減少しているという。

記事はさらに「今年1月、V.Iが経営するソウルのクラブで起きた暴行事件に端を発し、複数の芸能人のスキャンダルが明るみに出ている。今月21日にはわいせつ動画を隠し撮りし、SNSのグループ内に流布した疑いで歌手のチョン・ジュニョンが逮捕された」と伝えた。

今月11日、V.IはSNSで「芸能界を引退し、警察の調査に協力する」と表明し、12日にはチョン・ジュニョンが性行為の盗撮・流布をすべて認め謝罪している。(翻訳・編集/和田)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ