熱があるのに懇談会に出席した韓国長官、ネットで波紋

3月25日(水)9時40分 Record China

24日、韓国・ソウル新聞は、新型コロナの拡散が懸念される中、発熱があった同国の成允模産業通商資源部長官の自動車部品業界の懇談会への出席が許可され、波紋を呼んでいると報じた。写真はソウル。

写真を拡大

2020年3月24日、韓国・ソウル新聞は、新型コロナウイルスの拡散が懸念される中、同国の成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官が発熱があったにもかかわらず自動車部品業界の懇談会に出席し、波紋を呼んでいると報じた。

記事によると、自動車部品組合は23日、ソウル市内で新型コロナウイルス感染症の対応を協議する懇談会を開催した。会場入り口では、防疫の一環で出席者の体温測定を実施。37度を超えた場合は入場を制限していたが、37.5度の発熱があった成長官は「正常」として許可されたという。

組合側は「懇談会の開始時間が差し迫っていたため、現場の職員が成長官の体温を再測定せず、正常と言ってしまった」とし、「懇談会後、成長官の体温を再測定したところ、正常値だった」と釈明したという。産業部側も「成長官は自身の体温が37度を超えているとは全く分からなかったし、知っていたら違った行動を取っただろう」と話しているという。

これに、韓国のネットユーザーからは、「防疫には例外があってはだめ」「なぜ原則が守られないのか?」「法と原則は誰でも同じように適用しなければならない」「間違ったならば間違ったとはっきり言うべき」「このようなことが起こるから、国民は現政権に不信感を持つのでは?」などと批判の声が上がっている。

一方、「37.5度なら正常の範囲内だよ」「基礎体温が高いのでは?」「私は平常時の体温は37度を超えるが、私も新型コロナウイルスの感染者か?高熱の基準は38度台では?」などといったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

Record China

「ソウル」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ソウル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ