米長官、「武漢ウイルス」呼称に固執=G7外相共同声明見送り—新型コロナで温度差

3月26日(木)14時8分 時事通信

 【ワシントン時事】初のテレビ会議方式で25日に行われた先進7カ国(G7)外相会合は、新型コロナウイルスを「武漢ウイルス」と呼ぶことを求めるポンペオ国務長官の主張を各国が受け入れず、共同声明を発表できなかった。複数の米メディアが報じた。ワシントン・ポスト紙(電子版)によると「国際協調が求められる時に不必要な争いの元になる」として、米国以外の国がこの呼称に反対したという。
 対中強硬派のポンペオ氏は会合後の記者会見でも、新型ウイルスの感染が中国から拡大したことを踏まえ、「中国共産党はわれわれの健康や生活に重大な脅威を与えている」と述べ、中国批判を展開。「危機は中国の武漢で始まった」と強調し、「武漢ウイルス」の呼称を繰り返した。
 ポンペオ氏は、中国が新型ウイルスの「米国起源説」などの誤った情報を広めていることについて、「G7で多くの議論をした」と指摘。「(各国は)中国の偽情報キャンペーンを把握している」と述べ、懸念を共有していると主張した。だが実際には、中国への対応で各国との温度差が生じていた。 

[時事通信社]

時事通信

「ウイルス」をもっと詳しく

「ウイルス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ