香港科技大が発熱検出システムを開発、同時に100人の検査—中国メディア

3月26日(木)7時30分 Record China

香港科技大学の科学研究者は6日間を費やし、「スマート発熱検出システム」の開発に成功した。写真は武漢。

写真を拡大

猛威を振るっている新型コロナウイルスによる肺炎だが、その主な症状の一つは発熱だ。香港科技大学の科学研究者は6日間を費やし、「スマート発熱検出システム(SFSS)」の開発に成功した。同時に最多100人の検査・測定を行い、通りかかりの人の発熱を最長10メートルまで確認できる。現在の3メートル内の検査より優れている。チームは1月下旬に香港国際空港や、その他の6つの主要出入境通関地管制ステーションで16の関連システムを構築した。中国新聞網が伝えた。

チームを率いる工業プロジェクト・意思決定分析学部教授の蘇孝宇氏によると、SFSSは互換性が高く、既存のレンズに組み込むことができる。サーモグラフィーとカラーの映像を同じ画面内で融合させる。発熱症状のある人を赤の枠で囲み、音声で警告を出す。2つのディスプレーを使用する既存のシステムより便利になる。検疫職員の判断を補助し、作業効率を上げる。

蘇氏によると、被験者がマスクをつけ顔の7割が覆い隠され、さらに体の一部が物体によって遮られていたとしても正確に検査・測定できる。「追跡機能は顔に集中する。手にお湯など高温の物体を持っていたとしても、検査・測定結果に影響は生じない」(提供/人民網日本語版・編集/YF)

Record China

「香港」をもっと詳しく

「香港」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ