「かっこいい」「韓国ならたたかれる」=野球をやめ別の道を選んだ日本人青年が韓国でも話題に

3月26日(木)21時40分 Record China

24日、韓国・スポーツ京郷は、野球をやめてトラック運転手の道を選んだ日本の青年が話題になっていることについて報じた。資料写真。

写真を拡大

2020年3月24日、韓国・スポーツ京郷は朝日新聞の23日付けの記事を引用し、野球をやめて別の道に進んだ日本の青年・佐藤真一さん(18)について紹介した。記事は「佐藤さんが野球選手の代わりに夢見る暮らしはユニークだ」と伝えている。

群馬県・嬬恋高校を卒業した佐藤さんは昨年7月、群馬県大会1回戦で敗れたものの、2番手で時速140キロを超える剛速球を連発して強烈な印象を残した。試合後には複数の大学からラブコールがあったが、「トラックの運転手になりたい」との理由で断ったという。苦しい家庭の事情もあり、佐藤さんは「ここまで好きな野球をやらせてもらえた分、これからは自分が両親を支えたい」と話した。4月から佐藤さんは地元の工場に就職するという。

これを受け、韓国のネット上では「かっこいい。君の夢を応援する」「貧しさを恥じない堂々とした態度。そして大学を諦めて就職して親を助けようという思いが素晴らしい」「こういう子はどんな職場に行っても成功するだろう」「トラックの運転手の方が稼げるし、賢明な判断だと思う」「社会人野球でもいいから、また野球人生を始めてくれたらいいな」など応援メッセージが相次いで寄せられている。

また「日本にはそういう人が多い。医大を出て親のラーメン屋を継いだ人もいるし、日本代表になれるほどのバスケの実力を持ちながら一般の会社に就職する人もいる。韓国のように才能があるからとその道を強要して国に貢献すべきという文化がない」「もし韓国だったら、絶対たたかれてると思う」「韓国ではあり得ないだろう」など日韓の違いを指摘するコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

Record China

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ