“権威主義的スタイル”の輸出も...新型コロナウイルスを機に世界の覇権は中国に?

3月27日(金)17時0分 AbemaTIMES

 米中の対立が新型コロナウイルスの感染の問題にも持ち込まれている。北海道大学公共政策大学院教授の鈴木一人氏は、トランプ政権が感染拡大の対策に失敗すれば、国際社会でのアメリカのプレゼンスが低下、逆に中国が浮上する可能性があると指摘する。

 「中国がどこまで野心的になるかは分からないが、ある程度は感染拡大を抑え込んだという自信を持っていて、それを世界に対してアピールをしている。実際、イタリアやイランに対して様々な支援を始めていて、これをチャンスに影響力を獲得するという戦略に転換している。そして、中国は自分たちの権威主義的な政治スタイルがうまくいくのだ、アメリカのような民主主義の体制ではダメだということで、“体制の輸出”も進んでいく。実はアメリカ国内でも、“中国に学べ”というような報道が出てきている。アメリカですら、中国のやり方にすがろうとしているということだ。他方、アメリカは最初から“自国ファースト”で、トランプ大統領も“これは中国ウイルスだ”と言っている。つまり、ウイルスは外からやってくるものであって、それを排除すれば大丈夫だという発想に囚われていた。科学者がいかにちゃんとした提案をしていても、それらを政治家が把握しなければ間違った政策を取ってしまうことになる。アメリカが後手に回った最大の原因も、そこにあると思う」。

 また、鈴木氏は「今、どこの国も国境を封鎖して人の往来を止め、自国を守ることに必死になっている。“汚染源”の国家のように見られてしまうことで国際社会から孤立してしまう怖さがあるし、抑え込めなかった国は取り残されるからだ。これからの国際政治においては、感染爆発をおこさなかったということが重要な要素になってくる。そして、感染拡大の防止ができれば経済が復活してくる。アメリカでもロックダウンが長引けば、当然、経済活動が非常に停滞することになる」と話していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)
 

▶映像:"異例の都市封鎖"NY市民の暮らしは東京の未来?「最後に道端で人と話したのは10日前」

AbemaTIMES

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ