米株急落、トランプ手腕を疑問視し始めたウォール街

3月27日(月)19時28分 ニューズウィーク日本版

<歴代政権のなかでも政策が通らず動きも遅い。オバマは今頃は銀行を救い8500億ドルの財政出動を始めていた。挫折続きのトランプ政権に先週から米株価も急落、投資家は過剰な期待を修正し始めた>

ドナルド・トランプ米大統領は本当にクローザーなのか──ウォール街は疑いを持ち始めている。

ポール・ライアン下院議長率いる与党・米共和党指導部は先週、トランプを「究極のクローザー」などと呼んで持ち上げたが、ウォール街は真に受けなかった。ニューヨーク株式市場は先週、トランプが大統領に就任して以来最大の下げ幅を記録した。

市場の反応は当然だ。

【参考記事】「トランプ自体がリスク」という株式市場の警戒感

トランプが最優先の目玉政策に掲げていたオバマケア(医療保険制度改革)の廃止代替法案「アメリカン・ヘルス・ケア・アクト(AHCA)」が24日、共和党内の票固めの失敗で頓挫した。これを受けて、大企業で構成するダウ工業株30種平均の下げ幅は一時100ドルを超えた。ライアンはトランプに、代替案は可決に必要な過半数の賛成を確保できる目途が立たないため、採決を断念すると伝えた。「非常に惜しいところまで来ていた」とライアンは言った。

トランプは声明で「チームプレイヤーとして取り組み、たくさんのことを学んだ」と述べ、失敗の責任は古めかしい米議会の規約にあると弁明した。採決断念に「がっかりしたし、少し驚いた」としたうえで、「忠誠心について多くを学んだ」と強調した。

政策実現に疑問符

トランプに対する失望売りは24日より早く始まっていた。21日には、ダウ平均とS&P500社株価指数がともに1%以上下落した。

【参考記事】ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

米金融大手ゴールドマン・サックスのマネジング・ディレクターのマイケル・ペーズは最近、当初トランプ政権を楽観視していた投資家の見方が変わってきたと指摘する。共和党が上下両院で過半数を握るにも関わらず、「歴代政権の中でも目立って政策のコントロールが効かず決定が遅い」ことから、トランプの政策実現能力に疑問符がついているのだ。

バラク・オバマ前大統領の場合は、就任した2009年の今頃までには、景気刺激策として8500億円の財政出動に乗り出し、金融危機後の金融機関を救済する法案を通過させたほか、オバマケアや温室効果ガスの排出量取引制度の土台を築いていた。

【参考記事】「スイッチ」で任天堂はよみがえるか

オバマケアの代替案の採決は、ディール(取引)のうまさを自画自賛するトランプが政治手腕を発揮する絶好のチャンスだった。だが「共和党下院議員は法案を支持するか、さもなくば」とトランプが脅しをかけたにもかかわらず、十分な賛成票は集まらなかった。



法案の採決が頓挫した24日、市場の期待はさらに後退した。減税や規制緩和、インフラ投資などの景気刺激策を掲げるトランプの指導力を頼みにしていたウォール街にとって、政権発足から2カ月以上経っても目玉政策が実現しない現状は、深刻な懸念材料になりつつある。

「この代替案は他の優先政策をトランプが実現できるかどうかを見極める重大なテストだった」と、英市場調査会社マルコ・ストラテジー・パートナーシップのアンドリュー・リーズは言った。

こうした懸念はトランプの支持基盤にも痛手となりそうだ。野党・民主党支持者や無党派層の大半がトランプの不支持に回るなか、米キニピアック大学が先週発表した世論調査でトランプの大統領としての仕事ぶりを支持すると答えた割合は、就任以来最低の37%だった。今や多くの人が、トランプは自分の脆弱な支持基盤すら維持できなくなるのではないかと危惧している。

トランプは政策の優先順位を間違えた可能性もある。ゴールドマン・サックスのペーズは前から、減税などに先がけてオバマケアの撤廃に取り組むのは危険だと言ってきた。政権発足後間もない段階で与党内の分断を招きかねないと判断したからだ。「共和党内で小さな謀反が起きているかのようだ」

後退する市場の期待

採決を断念した今、トランプと彼の側近は苦境に立たされている。「トランプは、党派を超えた調整ができる大統領としての地位を失った。共和党が見放さない限り、政策を進めていくことはできるだろうが」とペーズは言った。

ゴールドマン・サックスは顧客に対し、トランプが景気にテコ入れしてくれるという期待を速やかに引き下げるよう助言した。ウォール街が最も気にしているのはオバマケアの代替案ではなく、大型減税だと、同社のエコノミスト、アレック・フィリップスは言う。

「今はまだ熱気が残っているが、減税の規模は小さく、時期も予想より遅れるはずだ」とフィリップスは言う。もともと減税時期は2017年という予想だったが、「早くても2018年以降になる見込みで、最終的には2019年までずれこむ可能性もある」。

もっとも、トランプが次の優先公約として有権者に受けがいい減税実施に突っ走る可能性もある。かつてないほど、トランプは勝利を必要としているのだ。

リア・マクグラス・グッドマン

ニューズウィーク日本版

「トランプ」をもっと詳しく

「トランプ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ