鵲橋2号中継通信衛星、順調に月周回軌道に入る―中国

2024年3月27日(水)17時50分 Record China

鵲橋2号中継通信衛星は月に向けた約112時間の飛行の後、25日午前0時46分、月面から約440キロの距離で制動動作を行い、約19分後に月の周回軌道に入り、順調に飛行を継続しているということです。

写真を拡大

中国国家航天局によると、鵲橋2号中継通信衛星は月に向けた約112時間の飛行の後、25日午前0時46分、月面から約440キロの距離で制動動作を行い、約19分後に月の周回軌道に入り、順調に飛行を継続しているということです。



鵲橋2号中継通信衛星は今後、月周回軌道の高度と傾斜角度を調整して、24時間で月を周回する大きな楕円形のミッション軌道に入り、計画通り嫦娥4号、嫦娥6号との通信テストを行う予定です。



紹介によると、月の近傍での制動作業は、月周回衛星の飛行過程で最も重要な軌道制御の一つです。衛星は月に接近する際、その相対速度を月の脱出速度より遅くするためにブレーキをかけることが必要で、それにより月の引力に捕獲され、月を周回する飛行を実現することができます。(提供/CRI)

Record China

「通信」をもっと詳しく

「通信」のニュース

「通信」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ