30年続いた南極海での「調査捕鯨」終了、日本が商業捕鯨再開へ—中国メディア

4月2日(火)21時30分 Record China

南極海で2018年度の「調査捕鯨」終了させた日本の船団が3月31日に日本に帰国した。

写真を拡大

南極海で2018年度の「調査捕鯨」終了させた日本の船団が3月31日に日本に帰国した。日本政府は国際捕鯨委員会(IWC)から脱退することを発表しているため、約30年間続けてきた南極海での「調査捕鯨」はこれで幕を閉じることになる。中国新聞網が伝えた。

日本の水産庁は、IWCから脱退した日本は、7月から日本の領海と排他的経済水域(EEZ)での商業捕鯨を再開する計画で、南極海における国際協同鯨類目視調査は継続するとしている。(提供/人民網日本語版・編集KN)

Record China

「商業捕鯨」をもっと詳しく

「商業捕鯨」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ