2023年の中国の低空域経済規模は5000億元超

2024年4月3日(水)13時50分 Record China

2023年の中国の低空域経済規模は5059億5000万元に達し、33.8%の成長率を記録しました。

写真を拡大

中国工業情報化部賽迪研究院が1日に発表した「中国低空域経済発展研究報告(2024)」によると、2023年の中国の低空域経済規模は5059億5000万元(約10兆円)に達し、33.8%の成長率を記録しました。楽観的な見通しでは、2026年までに低空域経済規模は1兆元(約20兆円)を突破する見込みです。



専門家は、近年、中国は関連産業政策を集中的に打ち出し、空域改革を深化させ、低空域経済の探索から発展への転換を推進しているとみています。低空域経済は強大な産業放射力を備え、数十兆円級の産業規模を生むことが期待されています。



現在、低空域経済はすでに国が力を合わせて発展する新たな産業になり、広東、安徽、浙江、山東、陝西、甘粛、山西省や重慶市などの省(市)はいずれも低空域経済の発展を加速させ、相応の政策を打ち出しています。



報告データによると、2023年の中国の低空域経済規模は5059億5000万元(約10兆円)に達し、33.8%の成長率となりました。低空域での飛行活動の増加に伴い、低空域インフラ投資のけん引効果が徐々に現れるにつれて、楽観的にみて2026年には低空域経済規模は1兆元(約20兆円)を突破する見込みです。



このうち、電動垂直離着陸機(eVTOL)分野では、2023年の中国のeVTOL産業規模は前年比77.3%増の9億8000万元(約205億円)に達し、2026年までに95億元(約1992億円)に達する見通しです。(提供/CRI)

Record China

「記録」をもっと詳しく

タグ

「記録」のニュース

「記録」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ